MicroStation CONNECT Edition Help

対話的な標準チェッカーの実行

対話モードでは、標準チェッカー「作図」 > 「分析」 > 「標準チェッカー」 > 「標準チェッカー」の順に選択)によってウィンドウが開き、チェック処理のステータスが表示されます。標準チェッカーが標準との差異を検出した場合、検出した値と標準値との差異を説明するメッセージが表示されます。たとえば、「画層チェッカーの設定値」で「標準外の画層」プロパティをオンにした場合は、標準チェッカーによって、チェック中のファイル内で標準ではない画層が検索されます。

差異ごとに、問題を修正、無視、あるいはスキップする選択を行うことができます。問題を無視する選択をした場合、標準チェッカーは問題が無視されたこと、現在のユーザー、および時刻を後で参照できるように記録します。