MicroStation CONNECT Edition Help

MDLアプリケーション

MicroStation開発ライブラリ(MDL)を使用して、MicroStationを拡張できます。標準のMicroStationの多くの部分は、実際にMDLを使用して開発されています。

世界中のBentley Developer Networkのメンバーが、Bentleyエンジニアリングソリューションを補完する製品やサービスを提供しています。

MDLアプリケーションはMicroStationでのみ使用できます。MicroStationは、同時に複数のMDLアプリケーションをロードして実行可能であり、通常は複数のMDLアプリケーションをロードして実行されます。つまり、MicroStationでは、複数のMDLアプリケーションを同時に管理できます。事実、ロード可能なMDLアプリケーションの数には制限がありません。

一部のMDLアプリケーションは、MicroStationのメインメニューの「アプリケーション」メニューに独自のサブメニューを挿入します(「アプリケーション」メニューがメニューバーに表示されるのは、MDLアプリケーションによってサブメニューが挿入されている場合のみです)。さらに、ほとんどのMDLアプリケーションには、専用のキー入力コマンドがあります。キー入力コマンドは、関連するMDLアプリケーションが読み込まれるまで利用できないことがあります。たとえば、「BATCHPROCESS」キー入力コマンドは、「MDL LOAD BATCHPROCESS」キー入力コマンドなどとともに、batchprocess.maが読み込まれないと利用できません。

注記: The MDL Applications developed in previous editions of MicroStation need to be rebuilt so that they work in this edition. Refer to the MicroStation SDK documentation for instructions to rebuild the MDL Applications.