MicroStation CONNECT Edition Help

注釈付きオブジェクト

モデル空間内の文字や寸法などの注釈付きオブジェクトは、MicroStationでDWGファイルを開いたときに注釈付きの要素になります。これらの要素を編集したり、モデルの注釈尺度を変更したりできます。ただし、ペーパー空間の注釈尺度は無効になり、ペーパー空間での注釈付きオブジェクトは注釈なしになります。これは、AutoCADではペーパー空間に対して1:1の注釈尺度のみが使用可能であり、その他の尺度は使用できないためです。ビューポートアタッチには、ペーパー空間での注釈サイズを生成する従来の幾何的尺度で合成された注釈尺度があります。MicroStationでは参照ファイルでこの追加の注釈尺度が使用されないため、現在任意の注釈尺度値が使用されているビューポートはサポートされません。ただし、ビューポートの注釈尺度については、見た目が同じになるようにペーパー空間で1:1の尺度でテキストを表示する方法が一般的です。これは、MicroStationで参照ファイルに対して「アクティブな注釈尺度を使用」をオンにすることと同じです。したがって、DWGビューポートが合成された注釈尺度とカスタム尺度の1:1の効果を持つ場合は、前述のトグルがオンになっていて、MicroStationでファイルを開いたときに正しく表示されることになります。AutoCADでは、ビューポートの「注釈尺度」と「標準尺度」が等しいときにこの効果が得られます。