MicroStation CONNECT Edition Help

データ相互運用性

この更新では、次の相互運用性の機能が強化されています。

DWGでのパターン要素と塗り潰し要素の表示

MicroStationでは、「ビュー属性」ダイアログボックスで塗り潰した要素とパターンを個別に制御できますが、AutoCADではシステム変数FILLMODEのみで両方のパラメータを制御します。FILLMODEがオンの場合、塗り潰し領域とハッチング領域の両方がAutoCADで表示されます。FILLMODEがオフの場合、どちらも表示されません。DWGとの互換性のために、「塗り潰し」「パターン」の両方を同じ状態に設定する必要があります。「ビュー属性」ダイアログボックスの両方をオンにするか、両方をオフにします。ただし、DGNファイルで「塗り潰し」「パターン」を異なる設定にしており、DGNファイルをDWGとして保存する場合は、次のような結果を想定する必要があります。
  1. 「塗り潰し」をオン、「パターン」をオフ。
    • 「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「画層表示のソース」で有効なビューを選択します。
    • アクティブなファイル内のパターンはDWGファイルに保存されず、オフになっているパターンの表示が維持されます。
    • 参照ファイル内のパターンは、マスターファイルの「ビュー属性」に関係なく保存されますが、出力されたDWG参照ファイルのFILLMODEは、参照ファイルの塗り潰しやパターンの状態に基づいて設定されます。
  2. 「塗り潰し」をオフ、「パターン」をオン。
    • 「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「画層表示のソース」で有効なビューを選択します。
    • パターンはアクティブなファイルと参照ファイルの両方に保存されます。
    • FILLMODEは、出力されたアクティブなDWGファイルでオンになります(つまり、保存されたDWGファイルを開いたときに、塗り潰しがオンになっている状態で表示されます)。

実線以外の線種を使用するパターンの表示

パターンで実線ではない線種を使用している場合、DWG形式で保存すると、パターンは解除され、"*X"という名前の前記号が付いた無名のブロックになります。

「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックス

「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスに次の設定が追加されました。

IFC 4のサポート

MicroStationは、IFC 4ファイルのB-スプライン曲面をサポートするようになりました。

[テクノロジプレビュー] RFAファイルのサポート

MicroStationRFAファイルをインポートすることができるようになりました。

Vue(.vob)へのエクスポート

MicroStationで、DGNファイルを.vobフォーマットファイルにエクスポートできるようになりました。VOBファイルはVueで開くことができます。Vueは豊富な自然景観を作成して制御できるアプリケーションです。