MicroStation CONNECT Edition Help

WMSアタッチ

OpenGIS® Web Map Service Interface Standard(WMS)は、1つまたは複数の分散したGeospatialデータベースから地理登録された地図画像を取得するための単純なHTTPインターフェイスを提供します。WMSリクエストでは、地理画像と処理対象となる地域を定義します。リクエストに対して、ブラウザアプリケーションで表示できる1つまたは複数の地理登録された地図画像が(JPEG、PNGなどのフォーマットで)返されます。また、インターフェイスでは、複数のサーバーから取得した画層を組み合わせて参照できるように、取得する画像を透過設定にするかを指定できます。

ラスターマネージャはWMSバージョン1.1.1に対応しています。

ラスターマネージャでは、「ファイル」メニューで「新規」 > 「WMS」の順に選択するか、「アタッチ」 > 「WMS」の順に選択することで、新しいWeb Map Serviceファイルを作成したり、既存のWeb Map Serviceファイルをアタッチしたりできます。また、「WMSマップエディタ」ダイアログボックスから「サーバーマネージャ」ダイアログボックスを開いてWMSサーバーを管理することもできます。