MicroStation CONNECT Edition Help

投影プロセスの概要

まず製品を起動し、投影に使用する3次元モデルに対応するDGNファイルを選択します。画像を投影するには、一連の単純な手順に従う必要があります。これらの手順はレンダリングプロセスとまったく同じです。

投影およびレンダリングオブジェクト用の材質を含むパレットを作成します。一般に、プロジェクト固有の材質セットを作成する場合は、カスタムパレットを使用した方が効率的です。パレットは、MicroStationディレクトリ構造以外の安全な場所に保管します。

  • パレットを作成したら、そのパレットに必要な材質を追加します。他のパレットファイルを開いて材質を選択し、カスタムパレットを再び開いて材質を追加します。材質のプロパティは、「材質を定義」ダイアログボックスに記録されます。材質に名前を付けてパレットに追加します。
  • 次に、材質をデザイン要素に適用します。この場合は、画像の投影に使用する3次元モデルになります。
  • 最後に、投影を表示します。「レンダリング」ツールを使用し、投影する画像を表示するビューにデータ点を入力します。通常は、ISOMETRICになります。このデータ点を使用することで、投影画像の3次元効果を視覚化するためのビューアングルが改善されます。