MicroStation CONNECT Edition Help

材質のアタッチおよび割り当て

モデルで要素に材質を適用するには、いくつかの方法があります。

競合があり、画層と色による材質が割り当てられている要素に異なる材質がアタッチされている場合、アタッチされた材質が画層と色による割り当てより優先されます。

たとえば、画層と色で"黄銅鋳物"が割り当てられているソリッドの1つの面に"磨き仕上げの黄銅"材質がアタッチされているとします。レンダリング時、ソリッドは黄銅鋳物(画層と色で割り当てられた材質)で表示されますが、1つの面は磨き仕上げの黄銅(アタッチされた材質)で表示されます。



画層と色で割り当てられた黄銅鋳物のソリッド。上部のサーフェスに磨き仕上げの黄銅材質をアタッチ

材質の優先度

要素、ソリッド、またはソリッドの面に材質のアタッチまたは割り当てを実行すると、材質は上から順に次の優先度で適用されます。

  1. 画層上書きにアタッチされた材質。
  2. 要素の面にアタッチされた材質。
  3. 要素全体に(または要素テンプレートによって)アタッチされた材質。
  4. 画層と色によって割り当てられた材質(色がByLevelの場合、画層と画層の色で割り当て)。
  5. 画層にアタッチされた材質(ByLevel画層アタッチ。画層マネージャの「材質」列)