MicroStation CONNECT Edition Help

プロジェクトで吹き出しを使用するための作業フロー

プロジェクトで吹き出しを使用するための一般的な作業フローは、次のとおりです。

プロジェクトで吹き出しを使用する

  1. 3次元デザインモデル、図面モデル、またはシートモデルに吹き出しを配置します。

    対象のデザイン構成モデルで、吹き出しが自動的に検出されます。

  2. 吹き出しの保存ビューを、「エクスプローラ」ダイアログボックスの「リンク」タブから、別のシートにドラッグします。
  3. 注釈、寸法、およびその他の装飾をシートに追加します。


    シートモデルに追加された注釈

  4. 3次元モデルで、「ビュー属性」ダイアログボックスの「マーカー」アイコンをオンにし、プロジェクトの保存ビューのマーカーを表示します。
  5. ポインタをマーカーの上に置き、「ビューを適用」ツールを選択します。吹き出しにリンクした保存ビューが3次元モデルに適用されます。
    特定の「ビュー設定値を適用」を使用して、吹き出しの場所で、モデルが自動的に切り取られます。配置されたシート注釈、寸法、およびその他の装飾も3次元モデルに表示されます。


    3次元モデルに表示される注釈

  6. 注釈を変更するには、ミニツールバーで「シートモデルを開く」ツールを選択し、シートモデルを開きます。
  7. シートモデルで必要な変更を行い、シートモデルの吹き出しのミニツールバーで、「デザインモデルを開く」ツールを選択して、3次元デザインモデルに切り替えます。
  8. 次のマーカーを選択し、次の吹き出しの場所を表示します。

    この結果、プロジェクトドキュメントのすべてが自動的に3次元になるため、シートモデルまたは図面モデル、あるいは3次元デザインモデルの図面をすべて簡単に理解、解釈、および更新できます。