MicroStation CONNECT Edition Help

「地理座標系」ツールボックス

「地理座標系」ツールボックスには、グローバルポジショニングシステム(GPS)またはGoogle Earthと対話するためのツールがあります。次のようなツールがあります。

  • 地理座標系を選択
  • GPSにアクセス
  • モデルにGoogle EarthのPlacemarkの位置を定義
  • Google Earthにモデルを配置
  • Google Earthの画像をキャプチャ
  • MicroStationの表示位置とGoogle Earthの表示位置に合わせる。またはその逆
  • カメラアニメーションをGoogle Earthで再生


既定では、ツールボックス内の一部のツールは表示されません。すべてのツールを表示するには、ツールボックスを右クリックして、メニューから「すべてを表示」を選択します。

操作 「地理座標系」ツールボックスで選択するツール
定義済みの地理座標系のライブラリから地理座標系を選択します。


地理座標系を選択
コンピュータに接続されているGPSにアクセスします。


グローバルポジショニングシステム(GPS)
幾何をGoogle Earthにエクスポートします。


Google Earth(KML)ファイルをエクスポート
Google Earthの画像をキャプチャします。


Google Earthの画像をキャプチャ
モデルにGoogle EarthのPlacemarkの目印を定義します。


Placemarkの目印を定義
現在のビューに合わせてGoogle Earthを移動します。


Google Earthのビューを同期
現在のビューを現在のGoogle Earthの表示位置に合わせます。


Google Earthのビューに従う
画像のエクスポート機能とキャプチャ機能の設定と動作を制御します。


Google Earthの設定
カメラアニメーションをGoogle Earthで再生します。


カメラアニメーションをGoogle Earthで再生
Google Mapsを開きます。マップの中央に指定した場所が表示されています。


Google Mapsを開く
キー入力: DIALOG TOOLBOX GEOGRAPHIC