MicroStation CONNECT Edition Help

テキストフィールド、ラベル、注記、テーブル、レポート、アイテム、アイテムタイプ、およびアイテムセットの比較

次の表では、さまざまなMicroStation機能を比較します。これにより、特定のタスクで使用する機能を理解し、決定できます。

  テキストフィールド ラベル 注記 テーブル レポート アイテム アイテムタイプ アイテムセット
定義 注釈に要素またはオブジェクトのプロパティを表示できる機能。アタッチされているアイテムのプロパティにもアクセスできます。 対象となる領域を示すオプションの引き出し線があるセルです。 対象領域を示す1つまたは複数の引き出し線があるテキストです。 テキストを含めることができるボックスのグリッドを表示する注釈です。 カスタムプロパティまたはシートインデックスに基づいて、表形式でDGNファイルからデータを抽出および表示する方法です。 オブジェクトまたは要素にアタッチされているアイテムタイプのインスタンスです。 オブジェクトや要素を記述するために使用する、ユーザー定義のプロパティのセットです。 要素のプロパティに基づいて要素をグループ化できる機能です。
その他の情報 複数のタイプの注釈に共通する機能です。

テキストフィールドは、テキスト、注記、ラベル、およびテーブルで使用可能です。

フィールドを含むテキストにタグをアップグレードすることができます。

プロパティを定義しない注釈です。

相対関連性を使用して配置できます。

プロパティを定義しない注釈です。

相対関連性を使用して配置できます。

プロパティを定義しない注釈です。 プロパティを定義しません。 オブジェクトにアタッチすると、アイテムタイプのプロパティは、そのオブジェクト自体のプロパティになり、独立した値を独自に持ちます。 オブジェクトまたは要素にアタッチすることができる非図形のプロパティを定義します。

アイテムタイプにタグセット定義をアップグレードすることができます。

名前付きグループのタイプです。
用途 オブジェクトのプロパティから内容を取得します。 注釈を配置します。 注釈を配置します。 モデル内の表の情報をレンダリングします。 表形式でデザインデータについてレポートします。 カスタムプロパティをオブジェクトおよび要素にアタッチします。 カスタムプロパティを定義します。 アイテムをグループ化します。
使用状況 注釈としてプロパティ値が表示されます。テキスト、注記、ラベル、およびテーブルで使用可能です。     内容は、手動で作成したり、レポートから生成したりすることができます。またはExcelワークブックや.csvファイルからインポートすることもできます。 表形式で表示するか、その他の処理のためにExcelにエクスポートできます。 レポートを生成するか、テキストフィールドを作成するためのデータソースとして使用できます。 アイテムを作成するために使用する構造を定義します。 選択したアイテムのセットを視覚的に操作します。

特定の選択基準を満たすアイテムを指定して確認します。

適用例   ドアのラベルまたはルートのラベルです。 通りの名前または部屋名です。   モデルに存在する直径5以上のパイプの数を知らせるレポートを生成します。   ドアまたはマンホールです。 納品遅れを示すマークを付けたすべての要素を表示する場合、これらの要素に特定の色を指定することができます。そうすると、検索によってこれらのアイテムのみを選択できます。
注記: 「プロパティ」ダイアログボックス、アイテムセット、レポート、フィールド、および表示ルールはすべて"プロパティ"に対して機能し、すべてのプロパティは同等に扱われます。「アイテムタイプ」ダイアログボックスで独自のプロパティを作成し、「アイテムをアタッチ」ツールを使用して要素またはオブジェクトにアタッチできます。これらのプロパティは、他のシステムで使用することができます。