MicroStation CONNECT Edition Help

マウスを使用した図形入力

「ボタン抽出」ダイアログボックスに表示される既定のボタンマッピングは、2ボタンマウス向けの設定で、3つ目のボタンの動作をシミュレートすることができます。

3つボタンマウスを使用している場合は、スナップに2つのボタンの同時押下ではなく1つのボタンを割り当てると操作しやすくなります。

注記: ボタン割り当ての変更が可能なマウスドライバを使用している場合は、既定の設定に戻す必要があります。既定の設定に戻さないと、マウスドライバのボタン割り当てによってMicroStationのボタン割り当てが上書きされます。
注記: ボタンが3つ以上ある一部のマウスデバイスの中には、ボタンが適切に認識されるようにWindowsで追加の構成が必要なものもあります。詳細については、「ファイル」 > 「ヘルプ」 > 「製品のサポートについて」の順に選択してください。

ホイール付きマウスの使用

ホイール付きマウスの場合は、マウスホイールをマウスの中央ボタンとして使用したり、ビューウィンドウおよびダイアログボックスのスクロールバーを操作するホイールとして使用したりできます。また、デザインのズームイン、ズームアウト、スナップ点の入力に使用することもできます。

マウスホイールの既定の設定をそのまま使用するか、ボタン割り当てをカスタマイズすることができます。

必要なマウスのドライバがシステムにインストールされている必要があります。

既定のマウスボタンの割り当てとキーの組み合わせ

その他の種類の入力は、マウスクリックやマウスホイールの動きとキー入力を組み合わせることで可能になります。次の表に、既定のマウスボタンの割り当てを示します。

  マウスの左ボタン マウスの右ボタン スナップボタン 中央/マウスホイールボタン マウスホイール
クリック 「データ」ボタンまたはクリック 「リセット」ボタンまたは右クリック . . .
押したまま維持 . リセットポップアップメニューを表示 . . .
ダブルクリック . . . FIT VIEW .
ドラッグ 始点と終点(2つのデータ点)を定義 . . パン .
スクロール . . . . ズームイン/アウト
<Shift>キーを押しながらクリック . ビュー制御ポップアップメニューを表示 「スナップモード」メニューを開く . .
<Shift>キーを押しながらドラッグ パンスクロール(動的パン) . . 動的にビューを回転 .
<Shift>キーを押しながらスクロール . . . . ズームパン
<Ctrl>キーを押しながらクリック 選択ロジックとハイパーリンクの移動用に予約済み 「メイン」ツールボックスをポインタ位置に表示 アキュドローの原点を結果のスナップ点に設定 . .
<Ctrl>キーを押しながらドラッグ . . . ビューカメラを回転(3次元のみ) .
<Ctrl>キーを押しながらスクロール . . . . ズームイン ズームイン/アウト
<Alt>キーを押しながらクリック MATCH ATTRIBUTES FROMCURSOR ELEMENT QUICKINFO FROMCURSOR「プロパティ」ダイアログボックスのユーザー定義のサブセットである「クイック情報」ダイアログボックスを開く) 3次元データ点を配置 . .
<Alt>キーを押しながらドラッグ . . . ROTATE VIEW EXTENDED .
<Alt>キーを押しながらスクロール . . . . パン左/右
<Shift>キーを押しながら<Ctrl>キー アキュスナップのオン/オフ タスク一覧の現在のタスクをポインタ位置に表示 . . .
<Shift>キーと<Ctrl>キーを押しながらドラッグ 重なっている長方形による選択(「要素の選択」ツールのみ) . . . .
ヒント: MicroStationで特別な意味を持つボタンとキーの組み合わせに対して別のボタン割り当てを作成することはお勧めしません。たとえば、選択ロジックに予約されている<Ctrl>+データボタンや、ビュー制御ポップアップメニューを表示する<Shift>+リセットボタンの割り当ては変更しないでください。

ポップアップメニューの表示を左側または右側にします。

リボンの構成要素、ようこそページ作業ページなどに対するツールチップやドロップダウンなどのポップアップメニューは、カーソルの左側または右側に表示することができます。これは、タブレットPCを使用しているときに特に便利で、Windowsオペレーティングシステムの「タブレットPC設定」ダイアログボックスにある「きき手」設定で制御されます。これを「右きき」に設定すると、メニューは手がじゃまにならないように左側にポップアップ表示されます。「左きき」に設定すると、メニューは右側にポップアップ表示されます。既定では、左側に設定されています。デスクトップコンピュータやノートパソコンでは、常に左側に表示されます。