MicroStation CONNECT Edition Help

プリンタドライバ構成ファイルについて

プリンタドライバ構成ファイルには、印刷出力に対して指定することが可能な次のプロパティが含まれています。

  • すべての用紙サイズの名前とサイズ
  • ペンから要素の色または線幅へのマッピング
  • カスタム線種の定義(印刷時のみ)
  • フォントマッピングを印刷するためのデザインフォント
  • 印刷出力の生成方法
  • 印刷出力を囲む境界線と境界コメントに関する情報
  • プリンタ上の距離の解像度と単位
  • 印刷出力の開始時および終了時の動作

一部のプロパティは、すべてのプリンタドライバ構成ファイルで使用できます。それ以外のプロパティは、特定の種類のプリンタドライバ構成ファイルでしか使用できません。

プリンタドライバ構成ファイルのサンプルに含まれるプロパティは、使用するプリンタで動作する場合とカスタマイズが必要な場合があります。ただし、使用ニーズに合わせてプリンタドライバ構成ファイルをカスタマイズしなければならない場合があります。

プリンタドライバ構成ファイルの拡張子は、.pltcfgです。このファイルは、プリンタドライバ構成エディタで表示および編集が可能なXMLファイルです。「印刷」ダイアログボックスで.pltcfgファイルを編集用に選択すると、「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスに表示されます。



「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスの「基本プロパティ」タブ

プリンタドライバ構成エディタでは、.pltcfgファイルを編集するための使いやすいインターフェイスが提供されます。リストから値を選択したり、チェックボックスでプロパティのオン/オフを切り替えることができるため、テキストエディタでテキストファイルを編集するよりも簡単でエラーの発生が抑えられます。

カスタマイズされたプリンタドライバ構成ファイルを作成する最も簡単な方法は、印刷システムに付属のサンプルファイルの1つを編集することです。

従来の.pltファイルのサポートは継続されますが、製品には付属しません。

プリンタドライバ構成ファイルは、..\MicroStation\Default\pltcfgディレクトリに保存されます。プリンタドライバ構成ファイルを選択するすべてのダイアログボックスに、拡張子が.pltcfgと.pltのファイルが列挙されます。「印刷」ダイアログボックス、印刷オーガナイザ、および「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスで両方のタイプのファイルを開いて表示することができます。