MicroStation CONNECT Edition Help

ラスター画像とDWG作業モード

DWG作業モードは、DWGファイルの編集と確認に最適化されたMicroStation内の作業環境です。MicroStationは、MicroStation DGNファイルフォーマットとDWGファイルフォーマットのネイティブな読み取りと書き込みを行うことができるため、ファイルを共有したことによるデータの損失を抑えることができます。MicroStation DGNファイルからDWGファイルを直接参照することもできます。

DWGファイルを開くと、DWGフォーマットとの互換性を保証するために、いくつかのMicroStationツールの使用が制限されます。DWG互換のDGNファイルを作成する必要がある場合は、 DWG作業モードをオン にできます。どちらの場合も、MicroStationではDWGフォーマットと互換性を持つ要素だけを作成するようにツールの機能が制限されます。

DWG作業モードの主な目的は、MicroStationでの編集中に、DWGと互換性のない機能がDWGファイルに追加されることのないようにすることです。この目的は、AutoCADでサポートされないままになっている、MicroStationの特定のツールや機能へのアクセスを抑制することによって達成されます。

注記: DWG作業モードでは、ラスターマネージャだけがインストールされたときに、ラスターの読み取り専用のステータスが変更できないようになっています。Bentley Descartesもインストールされている場合にのみ、この設定を変更できます。