MicroStation CONNECT Edition Help

作業環境とラスターオプションのプロパティ

「印刷スタイル」ダイアログボックスの「詳細設定」タブには、作業環境、色、ラスターの各オプションを指定するためのチェックボックスやドロップダウンリストボックスがあります。また、印刷定義の名前とデザインファイルデータを更新するかどうかを指定することもできます。

「詳細機能」タブは、印刷定義プロパティを定義するためのドロップダウンリストから構成されます。各ドロップダウンリストには、最初の項目として空のリスト項目が表示されます。リストボックスが空のリストアイテムに設定されている場合は、その印刷定義のプロパティを設定しません。

ワークセットを指定すると、印刷出力を作成するときのフォントと線種のリソースファイルを選択できます。ワークセットを指定しない場合、印刷出力は、アクティブなDGNファイルのワークセットを使用して作成されます。設定済みのワークセットをオフにするには、「印刷定義の値をクリア」チェックボックスを使用します。

「色のオプション」を使用して、ベクトルデータとラスターデータの「色」を「白黒」、「グレースケール」、または「24ビット色」に設定することができます。「ラスター画像を印刷」と「グレースケールでラスターを印刷」を選択すると、「色のオプション」のプロパティ設定にかかわらず、ラスター画像はグレースケールで印刷されます。「白黒のラスターをそのままで印刷」プロパティを選択すると、ラスターの前景色はそのままか、出力媒体の背景色と同じ場合は反転するように印刷できます。このチェックボックスをオンにすると、前景色はそのままで印刷されます。さらに、ラスター画像の明るさ、コントラスト、および品質係数を指定できます。

注記: 「3次元に印刷」チェックボックスがオンの場合は、色が「24ビット色」に設定され、変更できません。

マスターモデルやDGNファイル内で定義されたビューに関する最新情報によって印刷定義を更新する場合は、「デザインファイルから更新」チェックボックスをオンにします。「印刷定義名の既定値」ダイアログボックスで指定した値の名前を使用して印刷定義名を更新するには、「印刷定義名を更新」チェックボックスをオンにします。