MicroStation CONNECT Edition Help

アクターの作成と操作

アニメーションシーケンスのアクターを作成し、作業するツールがいくつか用意されています。

パスに沿った動き

アクター、アニメーションカメラ、または被写体(アニメーションカメラと被写体は特殊なアクターです)が移動するパスを定義できます。この操作を行うには、「アクターのパスを定義」ツールを使用します。パスに沿った動きのスクリプトは、フライスルー型のシーケンスを作成するときに有効です。たとえば、カメラがあるパスに沿って動き、被写体は別のパスに沿って動く場合です。パスに沿って移動するアクターは、パラメトリックモーションの制御下にあっても同時にスクリプト化できます。

アクターの基本

アニメーションシーケンスのアクターは、デザイン内の1つ以上の要素から作成されます。この要素は特殊な名前付きグループで、作成後は、アクターの移動先と移動タイミングが"指示"されます。実行には、キーフレームを使用してパスを定義するか、パラメトリックモーションの式を適用することで、各アクターのスクリプトを作成します。パラメトリックモーションの式を適用する技術を使用すると、アクターの位置、回転、尺度を時間またはフレーム番号関数としてスクリプトを作成できます。

キーフレームアニメーションのアクターを作成する必要はありません。階層的なモーションが必要な場合、アクターと階層的なリレーションを定義する方法が便利です。これによって、キーフレーミングのアセンブリの位置が単純になります。

アクターのパスとパラメトリックモーションの制御を定義するには、アクターに名前を付けることが必要です。これらのツールは、アクター名でのみデザイン内の要素を検出して参照します。

すべてのアクター名は一意です。アクターは特殊なタイプの名前付きグループなので、別の(通常の)名前付きグループと同じ名前を付けることはできません。

アクターを使用した作業

アクターを作成および操作するためのツールは、「ビジュアリゼーション」作業フロー内の「アニメーション」タブに含まれています。

既存のアクターについて操作するツールのツール設定値ウィンドウには、アクター名を表示するドロップダウンメニューがあります。階層的なアクターのリレーションがツリービューで表示されます。+または-アイコンをクリックすることで、階層ツリーの枝を展開(+)したり、折りたたむ(-)ことができます。

リストボックスでアクター名をクリックして選択すると、ビューウィンドウのアクターが強調表示されます。また、ツール設定値ウィンドウを使用するのではなく、アクターをグラフィカルに特定することもできます。

注記: 同じ名前を持つ複数のアクターがあり、その名前を持つリストボックスのエントリを選択しているかどうかに関係なく同じオブジェクトを強調表示する場合、「アクターを解除」ツールを使用して各アクターを解除し、「アクターを作成」ツールで作成し直します。これは、MicroStationバージョン1.0アニメーションプロデューサの初期のプレリリースバージョンで作成したアクターの場合にのみ必要な操作です。

モーションの範囲

アニメーションでアクターがパラメトリックに移動する方法は、アクターのスクリプトを作成するときに定義されます。アクターの操作を指定するコントロールは、「アクターをスクリプトする」ツール設定値ウィンドウにあります。

アクターの移動オプションを定義するときに、「アニメーション」の座標系が作成されます。アクターを操作するとき、またはアニメーション中に、定義済みの軸系はアクターを使用して移動と回転を行います。つまり、アクターに対して軸系は一定のままです。

階層的なモーション

「アクターをアタッチする」ツールを使用すると、特定のアクターをパーツのアセンブリとして相互にアタッチすることを指定できます。階層的な方法でアタッチが実行されるため、アクターを移動すると、下位の階層にあるアクターも移動します。これは、キーフレーミングのアクターを配置できる最も有効な方法です。

たとえば、人体のモデルがあるとします。脚の階層的なアセンブリを作成するには、足から始まり、太ももで終わります。次に例を示します。

  • 太ももを動かすと、下位の階層にあるので、ふくらはぎと足も動きます。
  • 同様に、ふくらはぎを動かすと足も動きます(ただし太ももは動きません)。
  • 足を動かしてもふくらはぎと太ももは動きません。


脚の上部を操作すると、階層でそのパーツよりも低い位置にあるパーツ(ふくらはぎや足)も動きます。



ふくらはぎを操作すると、足のみが動きます。足のみが下位の階層にあります。



足を操作しても何も動きません。足が最下層の要素のためです。

階層的なモーションによって、各キーフレームに必要な位置にアクターを移動するというタスクが単純になります。標準的なアクターと同様に、アニメーションを記録すると、中間のフレームはキーフレームから補完されます。