MicroStation CONNECT Edition Help

環境マッピング

環境マッピングとは、モデル(または環境)を囲む仮想立方体の6つの面にマップされる一式の画像ファイルです。環境マッピングの処理方法は、「環境マネージャ」ダイアログボックスの設定によって異なります。

環境マッピングは、上部と側面に空の画像、地面に地面の画像を使用して、戸外シーンの反射を表すときによく使用されます。

注記: 「可視環境」もオンにしない限り、仮想環境立方体はデザインファイルの範囲をわずかに超えて構築され、直接表示されません。「可視環境」がオンになっていない場合は、反射オブジェクトのみに表示されます。モデル全体を囲む完全に透明な立方体を作成した場合、環境立方体をビューの一部としてレンダリングすることもできます。
注記: 環境マッピングを含むモデルをアニメーション化する場合、アニメーション化する部分の外部を定義する幾何を作成することをお勧めします。こうすることで、環境マッピングが移動するのを防ぐことができます。