MicroStation CONNECT Edition Help

「構成設定」ダイアログボックス

分散レンダリング用の共有ディレクトリとグループを設定します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「スケジューラ」ダイアログボックス:「構成を更新」アイコンをクリックします


設定説明
共有ディレクトリ 共有ディレクトリは、プロセス間通信で必要なメッセージの保存場所を制御します。使用する予定のすべてのコンピュータが読み取り/書き込み権限を持つ場所に設定してください。コンピュータは、その共有フォルダに送信されたジョブのみを認識できます。コンピュータが所属し、使用できるグループは、共有フォルダに格納されます。

「共有ディレクトリ」を変更するには、参照アイコンをクリックして、「共有ディレクトリを編集」ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで共有ディレクトリを変更できます。

グループ グループは、ジョブをさまざまなコンピュータに振り分けるための手法の一種です。ジョブが特定のグループを対象にする必要はないため、この機能の使用は必須ではありません。ジョブがMicroStationで作成された場合は、グループを対象とします。1つの共有フォルダ内の複数のコンピュータが所属できるグループを作成するには、「追加」アイコン(+)をクリックし、新しいグループの名前を入力します。「削除」アイコン(×)をクリックすると、選択したグループが削除されます。グループを追加したら、「>」アイコンをクリックして、現在のコンピュータをそのグループに追加します。「<」アイコンをクリックすると、選択されているグループから現在のコンピュータが削除されます。
ユーザー情報 「ユーザー情報」では、プロセッサの実行に使用するユーザーを指定します。