MicroStation CONNECT Edition Help

「プロパティを変更」ダイアログボックスの「メイン」タブの可変印刷定義

選択した可変印刷定義のモデルと印刷スタイルプロパティを指定するときに使用するコントロールが含まれています。「メイン」タブは「プロパティを変更」ダイアログボックスに表示されます。

「メイン」タブは、可変印刷定義プロパティ値を定義するためのテキストボックスとドロップダウンリストボックスで構成されています。各ドロップダウンリストには、最初の項目として空のリスト項目が表示されます。コントロールが空のリストアイテムに設定されている場合は、その印刷定義のプロパティを設定しません。



設定説明
モデル (DGN/DWGソースファイルに対してのみ有効)印刷された出力で使用するモデルを指定できるテキストボックス。既定では、新しく作成された可変印刷定義については、空の値が「モデル」フィールドに割り当てられています。モデルを指定しない場合、印刷オーガナイザは印刷スタイルまたは「選択事項」ダイアログボックスで指定されたモデル選択方法に基づいて、モデルを選択します。これにより、可変印刷定義を印刷するときに、モデルの動的な検出が可能になります。「モデル」フィールドにモデル名を指定すると、可変印刷定義がそのモデルだけに限定されます。
印刷スタイル 印刷スタイルを指定するために使用するドロップダウンリストボックス。印刷スタイルを使用すると、印刷オーガナイザと「印刷」ダイアログボックスの両方で使用できる既定の印刷定義プロパティ値を簡単かつ柔軟に定義することができます。空の値は、現在割り当てられている印刷スタイルが変更されないことを示します。