MicroStation CONNECT Edition Help

ProjectWise InterPlot Serverへの印刷

印刷システムでは、印刷オーガナイザと「印刷」ダイアログボックスの両方からProjectWise InterPlot Serverに印刷を送信することができます。この作業フローには、いくつかの利点があります。

  • ProjectWise InterPlotドライバにアクセスすることができます。
  • プリンタを一元管理できます。管理者はProjectWise InterPlot Serverにローカルプリンタを設定し、各クライアントからプリンタ接続を作成することができます。
  • InterPlot Organizerなどの個別の印刷クライアントをインストールする必要がありません。

参照先:

ProjectWise InterPlotサーバーのプリンタドライバ構成

ProjectWise InterPlot Serverに印刷を送信するために、プリンタドライバ構成スキーマでは、「既定でInterPlotサーバーに送信」プロパティおよび「レンダリング属性ファイル名」プロパティをサポートしています。これらはいずれもWindowsプリンタドライバ構成(printer.pltcfgおよびinterplot.pltcfg)でのみ表示され、付属のprinter.pltcfgでは未定義になっています。

printer.pltcfgのバリアントであるinterplot.pltcfgも付属しています。これはprinter.pltcfgとほぼ同じ内容ですが、「既定でInterPlotサーバーに送信」プロパティがTrueに設定され、線幅マップが線幅1 = 1ドット、線幅2 = 2ドットのように設定されています。

「レンダリング属性ファイル名」プロパティを使用すると、Windowsプリンタドライバに印刷するときにレンダリング属性ファイルを指定することができます。レンダリング属性によって、プロットの外観に影響を与える特定のプロッタ固有の設定値を制御することができます。

.pltcfgファイルにレンダリング属性ファイルが定義されている場合は、ローカル検証なしで、サーバーに送信するファイル内のタグとして含まれています。レンダリング属性ファイルは、他の.pltcfgコンパニオンファイル(prolog、前記号、および後記号ファイルなど)と同じルールに従います。このファイルは、.pltcfgファイルと同じディレクトリ、またはMS_PLTCFG_PATHに保存されます。

注記: このプロパティは、印刷をProjectWise InterPlot Serverに送信する場合にのみ使用されます。

既定の出力先をProjectWise InterPlotサーバーに設定

単一の「印刷」ダイアログボックスと印刷オーガナイザの両方に対して、次のどちらかの方法で既定の出力先をProjectWise InterPlot Serverに設定することができます。

  • .pltcfgの「既定でInterPlotサーバーに送信」プロパティ。このプロパティをTrueに設定すると、既定の出力先がProjectWise InterPlot Serverに設定されます。このプロパティがFalseに設定されている場合、既定の出力先は既存のロジックおよび該当する.pltcfgプロパティに従って、「プリンタへ送信」、「プロットファイルを作成」、「メタファイルを作成」のいずれかとなります。「InterPlotサーバーに送信」と「メタファイルを作成」は.pltcfgファイル内で相互に排他的ではありませんが、「既定でInterPlotサーバーに送信」と「既定のメタファイルを作成」の両方がTrueに設定されている場合は、「既定でInterPlotサーバーに送信」が優先されます。
  • キー入力コマンドPRINTDESTINATION IPSERVERおよびPRINTORGANIZER PRINTTO IPSERVER。
注記: 出力先はWindowsプリンタに従属し、その逆ではありません。つまり、現在の出力先が「InterPlotサーバーに送信」のとき、WindowsプリンタがProjectWise InterPlotサーバーでホストされていないプリンタに切り替わった場合には、出力先が自動的に「プリンタへ送信」に変更されます。