MicroStation CONNECT Edition Help

式のサンプル

ここでは、さまざまな印刷定義名や出力ファイル名の式のカスタマイズ方法の例を示します。これらの式では、印刷セット名に"plans.pset"、印刷定義名に"AR1"、シートモデル名に"ANSI D"、プリンタドライバ構成ファイルに"pdf.pltcfg"、日付に"2014年2月18日"がそれぞれ設定されているものとします。

例1:既定の出力ファイル名の値

演算式 結果
System.String.Format (“{0:D3}”, PrintDefinition.SetPrintDefNumber) & “-” & PrintSet.Name 001–plans.pdf

例2:印刷カウンタが2桁の出力ファイル名の値

演算式 結果
System.String.Format (“{0:D2}”, PrintDefinition.SetPrintDefNumber) & “-” & PrintSet.Name 01–plans.pdf

例3:出力ファイル名の式に日付(yyyyMMdd)を指定した式

演算式 結果
System.String.Format ("{0:yyyyMMdd}", System.DateTime.Now()) & "-" & System.Path.GetFileNameWithoutExtension (PrintDefinition.SourceFile) 20140218–AR1.pdf

例4:出力ファイル名の式に日付(yyyyMMMMdd)を指定した式

演算式 結果
System.String.Format ("{0:yyyyMMMMdd}", System.DateTime.Now()) & "-" & System.Path.GetFileNameWithoutExtension (PrintDefinition.SourceFile) 2014February18–AR1.pdf

例5:出力ファイル名の式に日付(yyyyMMdd)を指定した式

演算式 結果
System.String.Format ("{0:ddMMyyyy}", System.DateTime.Now()) & "-" & System.Path.GetFileNameWithoutExtension (PrintDefinition.SourceFile) 18022014–AR1.pdf

例6:印刷カウンタが3桁(開始番号は0)の印刷定義名の式

演算式 結果
System.String.Format ("{0:D3}", PrintDefinition.SetPrintDefNumber -1) & "-" & System.Path.GetFileNameWithoutExtension (PrintDefinition.SourceFile) 000–AR1

例7:印刷定義名を出力ファイル名に使用する

演算式 結果
PrintDefinition.Name AR1.pdf