MicroStation CONNECT Edition Help

セル

MicroStation共有セルは、AutoCADのブロックに似ています。

共有セルとは、DGNファイル内でのセルの配置頻度とは無関係に、DGNファイルに一度しか保存されない要素があるセルのことです。共有セルの1つのインスタンスを変更すると、その共有セルのすべてのインスタンスに変更内容が反映されます。反対に非共有の"通常"セルの場合は、セルが配置されるたびにライブラリ定義がDGNファイルに保存されます。AutoCADでは、すべてのブロックが共有セルのように動作します。通常セルとの共通点はありません。

一部のWebページには、i-Dropに対応したDWGコンテンツが含まれています。これは、そのコンテンツをWebページからMicroStationモデルにドラッグできることを意味します。コンテンツをモデルにドロップすると、セルとして配置されます。