MicroStation CONNECT Edition Help

DWGデータがアタッチされたDGNファイルの操作

DWGファイル内のデータは、開いているファイルに参照またはセルとしてアタッチすることができます。DWGファイルを参照としてアタッチするときに、「DWGオープンオプション」ダイアログボックスで単位のオプションを設定することができます。その場合は、「参照をアタッチ」ダイアログボックスを開き、「オプション」ボタンをクリックします。一般に、「単位」オプションを両方とも「デザインセンターの単位」に設定すると適切な結果が得られます。AutoCADでシステム変数INSUNITSが適切に設定されている場合は、MicroStationでDWGの単位を自動的に解釈することができます。

DWGファイルをセルとして挿入するときは、「DWGオープンオプション」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「開く」の順に選択し、「DWGオプション」ボタンをクリックすると開きます)で単位設定値を制御します。繰り返しますが、通常、「単位」オプションは「デザインセンターの単位」に設定するのが最適です。