MicroStation CONNECT Edition Help

放物線フィレットを作成

2本の線分の間に放物線フィレット(曲線要素)を作成するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「修正」 > 「フィレット」分割ボタン
  • ツールボックス:フィレット


設定説明
距離 接線の接点間の距離。
タイプ 放物線の軸合わせ方法を設定します。
  • 水平 - 水平ビューの軸に合わせます。高速道路の設計で、交差する勾配線を接合するために使用します。IGDS放物線はすべて水平です。
  • 対称放物線 - 選択した線分に整合します。
切り落とし どちらの線分が切り落とされるかを制御します。
  • なし - どちらの線分も切り落とされません。
  • 両方 - 両方の線分がフィレットとの接点で切り落とされます。2つの閉じた要素の間、または開いた要素と閉じた要素との間にフィレットが作成された場合、閉じた要素は修正されません。
注記: 3次元で、2つの要素にフィレットを適用するには、両方の要素が同じ平面内に存在する必要があります。

放物線としてB-スプライン曲線を配置するには、「円錐曲線」ツールを使用します。

キー入力: PLACE PARABOLA [ HORIZONTAL | MODIFY | NOMODIFY ] [ MODIFY | NOMODIFY ]