MicroStation CONNECT Edition Help

メッシュの3次元領域を突き出す

メッシュの3次元領域を作成して3次元の底面メッシュを形成したり、対象と交差するメッシュ3次元領域を形成するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「メッシュ」 > 「作成」 > 「メッシュを突き出すまたは厚くする」 > 「メッシュの3次元領域を突き出す」
  • ツールボックス:メッシュを作成


設定説明
3次元領域を突き出す


閉じた多角形やメッシュを突き出して、平坦な底面を持つ3次元領域にすることができます。突き出し距離は、選択された要素の最も低い奥行きZから計算されます。
対象に突き出す


対象に向けて閉じた多角形やメッシュを突き出すことができます。選択された要素は、上面からの要素を完全に交差しなければなりません。
方向 (「3次元領域を突き出す」オプションのみ)突き出しの方向を設定します。
  • グローバルZ - 閉じた図形またはメッシュ要素をグローバルZ方向に突き出します。
  • ベクトル - 閉じた図形またはメッシュ要素をカーソルで設定された方向に突き出します。
厚み (「3次元領域を突き出す」オプションのみ)オンになっている場合は、閉じた図形またはメッシュ要素の最も低いZ奥行きから厚みを定義します。オフになっている場合は、アキュドローで厚み値を入力します。正の値は下方向に投影し、負の値は上方向に投影します。
フル動的表示 (「3次元領域を突き出す」オプションのみ)オンになっている場合は、結果のメッシュの3次元領域が動的に描画されます。オフになっている場合は、挿入後にメッシュの3次元領域結果が表示されます。大きいメッシュの3次元領域で作業するときには、「フル動的表示」をオフにすることをお勧めします。
オリジナルを保存 オンの場合、オリジナルの要素が維持されます。要素が参照ファイルにある場合は、参照要素が保持されます。オフになっている場合は、元の要素は保持されず、メッシュの3次元領域のみが作成されます。
外側の境界連続線分を作成 (「3次元領域を突き出す」が選択されている場合にのみ使用可能)メッシュの幾何形状の外側の境界に連続線分を作成します。連続線分は必要に応じて垂直にジャンプする場合があります。
キー入力: FACET EXTRUDEVOLUME