MicroStation CONNECT Edition Help

「外形線ファイル作成」ダイアログボックスの「全般」タブ

ビューの設定、およびルール線、交点、または外形線のどれを作図するかを設定するためのコントロールが含まれています。次の設定値以外は、「外形線設定値」ダイアログボックスの「全般」タブと同じです。

設定説明
ビュー 外形線の向きを決めるビューを設定します。
境界線 エクスポートされる外形線DGNファイルの境界線を設定します。「分割」が有効にされている場合、「境界」設定値は無効になり、選択した「ビュー」の要素のみが処理されます。
  • デザインファイル - DGNファイル全体がエクスポートされます。
  • ビュー - 選択したビューの表示内容がエクスポートされます。
  • 枠 - 枠が配置されている場合に、枠内要素がエクスポートされます。枠がない場合は、このアイテムは選択できません。
自動的に出力ファイルを開く オンの場合、外形線処理が完了すると出力ファイルが自動的に開きます。
エクスポート先 外形線のエクスポート先にするファイルを選択することができます。
  • 2次元ファイル - 別のDGNファイル内の2次元モデルに出力します。「エクスポート」をクリックすると「外形線ファイルを名前を付けて保存」ダイアログボックスが開き、生成するファイルの保存場所とファイル名を選択できます。既定では、アクティブなDGNファイルと同じ名前に拡張子".hln"が付いたファイル名がファイルに付けられます。
  • 3次元ファイル - 別のDGNファイル内の3次元モデルに出力します。「エクスポート」をクリックすると「外形線ファイルを名前を付けて保存」ダイアログボックスが開き、生成するファイルの保存場所とファイル名を選択できます。既定では、アクティブなDGNファイルと同じ名前に拡張子".hln"が付いたファイル名がファイルに付けられます。
  • アクティブファイル - オンの場合、外形線はモデルファイル(アクティブなDGNファイル)に保存されます。
カスタムの線種を展開 オンの場合、線種属性が処理され、生成された外形線に表示されます。

オフの場合、線種属性は無視されます。

注記: カスタムの線種の場合、処理されると結果の外形線ファイルに"吸着幾何"として表示されます。つまり、標準要素として表示され、カスタム線種属性は失われます。