MicroStation CONNECT Edition Help

「CGMファイルをエクスポート」ダイアログボックス

「CGMファイルをエクスポート」ダイアログボックス、およびそのメニューから表示できるダイアログボックスには、デザインファイルをCGMファイルに変換するための設定値オプションのアイテムがあります。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「ファイル」 > 「エクスポート」 > 「交換ファイルタイプ」 > 「CGM (*.cgm)」の順に選択し、「CGMファイルとして保存」ダイアログボックスでファイルの保存場所を選択します


設定説明
出力ファイル エクスポートするファイルの名前、ディレクトリ、バージョンを表示します。サポートされているCGMのバージョンは、1.0です。
説明 注記はCGMファイルに保存できます。既定では、注記は"Created in MicroStation"です。必要に応じて、独自の注記をキー入力することができます。
ステータス 変換中、進行に関するメッセージを表示し、またそれらのメッセージをログファイルに保存します。
エクスポート デザインファイルをCGMファイルにエクスポートします。
キャンセル デザインファイルをエクスポートせずに、ダイアログボックスを閉じます。
「ファイル」メニュー>「設定値ファイル」>「アタッチ」 「設定値ファイルをアタッチ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、エクスポート設定値ファイルをアタッチします。
注記: コントロールは、「開く」ダイアログボックスのコントロールと同様です。
「ファイル」メニュー>「設定値ファイル」>「保存」 アタッチしたエクスポート設定値ファイルに、エクスポート設定値を保存します。
「ファイル」メニュー>「設定値ファイル」>「名前を付けて保存」 「設定値ファイルを名前を付けて保存」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、エクスポート設定値を新しいエクスポート設定値ファイルに保存します。
注記: このコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックスのコントロールと同様です。
「ファイル」メニュー>「ログファイル」 代替ログファイルの指定に使用する「ログファイル」ダイアログボックスが開きます。
注記: このコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックスのコントロールと同様です。
「設定値」メニュー>「全般」 「CGMエクスポート設定値」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、CGMファイルのエクスポートに関する一般設定を指定します。
「設定値」メニュー>「フォント」 「フォントマップ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、MicroStationフォントの変換文字スタイルを設定します。
「設定値」メニュー>「線種」 「線種マップ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、MicroStation標準線種をCGM線種に変換する方法を設定します。
「設定値」メニュー>「参照ファイル」 「CGM参照ファイルの設定値」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、MicroStationデザインファイルの画層をCGM画層に変換する方法を設定します。
「設定値」メニュー>「線幅」 (CGMエクスポート)「線幅」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、MicroStation線幅をCGMファイルのポリライン幅に変換する方法を設定します。