MicroStation CONNECT Edition Help

操作

ビュー内のモデルに対する背景の向きを変更するために使用されるツールで、画像をレンダリングするときに、表示させたいものと一致するよう円筒型または球型の像を整合させることができます。

ツールには、画像を上下に回転またはシフトするための複数の方法があります。ツール設定値ウィンドウの「回転」または「水平のオフセット」スライダを使用する方法や、環境が表示されるウィンドウをクリックする方法が可能です。ビューウィンドウで画像を表示するには、カメラビューでなければなりません。ビューをクリックすると、ビューが分割され、上半分をクリックすると画像が上に移動します。下半分をクリックすると、画像が下に移動します。左右のセクションは画像を左右に回転させます(「カメラ定義」ツールと同様)。また、ツールを連続モードにし、ビューをクリックした後に、カーソルの動きに合わせて画像が自動的にシフトします。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • 「環境マネージャ」ダイアログボックス:「環境画像をグラフィックで調整する」アイコンをクリックします。
    注記: このアイコンは、「環境タイプ」「画像」に設定されている場合にのみ有効です。


設定説明
ビュー

環境画像の向きを変えるビューを設定します。

回転

環境画像に回転係数を適用できます。回転は、垂直軸(Z軸)が基準になります。

水平のオフセット

環境画像に水平のオフセット係数を適用できます。このオプションは、選択した表示オプションに応じて、カメラで見るかのように水平線を上下させたり、反射光や屈折率を増減させる場合に役立ちます。

継続して更新

オンの場合、ビューの向きを操作すると、ビューが動的に更新されます。カメラの位置を指定するときにスムーズなレンダリングビューとしてカメラビューを表示することができます。

距離の増分

カメラの動きの制御値の距離の増分の制限を設定します。最大の距離の増分は、視点から被写体までの距離の半分です。

角度の増分

カメラの動きの制御値の角度の増分の制限を設定します。最大の角度の増分は45°です。

キー入力: ENVIRONMENT MANIPULATE