MicroStation CONNECT Edition Help

円を配置

円を配置するために使用します。円が接線や垂直などのスナップによって拘束され、配置結果が複数ありうる場合、各結果を表すアイコンが表示されます。このような場合、ポインタを使用して必要な解を選択できます。

また、キーボードを使用して次のように操作することもできます。

  • <Alt>キーを押して次の解に切り替えるか、「CONSGEOM NEXTSOLUTION」とキー入力します。
  • <Ctrl>キーを押してポインタに最も近い解を選択するか、「CONSGEOM NEAREST SOLUTION」とキー入力します。
このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「楕円ツール」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「楕円ツール」分割ボタン
  • ツールボックス:楕円


設定説明
方法 円の配置方法を設定するために使用します。
  • 中心 - 中心を定義して配置します。
  • 3点 - 円周上の3点を定義して配置します。
  • 直径 - 直径の両端を定義して配置します。
領域 アクティブな領域を「ソリッド」または「ホール」に設定します。
塗り潰しタイプ アクティブな「塗り潰しタイプ」を設定します。「なし」(塗り潰しなし)、「べた塗り」(アクティブな色での塗り潰し)、または「縁どり」(「塗り潰しの色」での塗り潰し)から選択します。
塗り潰しの色 円を塗り潰す色とオプションのグラデーションを設定します。
  • 「塗り潰しタイプ」が「べた塗り」の場合には、アクティブな色が適用されます。
  • 「塗り潰しタイプ」が「縁どり」の場合には、アクティブな色と異なった色に設定できます。
直径 オンの場合には、作業単位で直径が設定されます(「方法」が「中心」または「3点」に設定されている場合に使用できます)。直径の代わりに半径を設定する場合には、同じオプションメニューから「半径」を選択します。
CONSGEOM CONSTRAIN RADIUS < LOCK | SET <value> | UNLOCK >
オンの場合、次のデータ点の候補が複数ありうる場合に、ドロップダウンメニューから解を選択することができます。
  • 間近 - カーソルに最も近い解を選択します。
キー入力設定値 ツールの機能を制御するためのキー入力コマンドがいくつかあります。

CONSGEOM SET SHOWALTSOLUTIONS <OFF | ON> - 「ON」(既定)に設定し、拘束スナップを使用する場合、スナップを満たすすべての要素のサイズと向きが表示されます。ポインタの位置に最も近い要素が標準の線属性で表示され、その他は薄い色の破線で表示されます。

CONSGEOM SET SHOWFEASIBLEREGION <OFF | ON> - 「ON」(既定)に設定されている場合、ポインタを移動できる場所に赤い破線または円が表示されます。許容される領域の外部に移動すると、その場所で円を完成できないことを示す太線の赤いXが表示されます。

キー入力: PLACE CIRCLE ICON
キー入力: PLACE CIRCLE < CENTER | EDGE | DIAMETER > CONSTRAINED