MicroStation CONNECT Edition Help

曲線をファセット

曲線要素やB-スプライン曲線を、線分、連続線分、ストリーム曲線、弧、または点に変換するために使用します。

このツールバーには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「曲線」 > 「曲線ユーティリティ」 > 「平坦化/ファセット」 > 「ファセット」
  • ツールボックス:曲線ユーティリティ


設定説明
方法 分解した要素の作成方法を設定します。
  • 等しい円弧長 - B-スプライン曲線は弧に沿って均等に評価されます。各セグメントは、「番号」値によって定義された同じ円弧長を持ちます。
  • 等しい弦長 - B-スプライン曲線はそれぞれの連続する点の間隔が同じになるような数の点で評価されます。
  • 固定弦長 - 評価された連続する点のそれぞれの対の間隔は弦長と同じになります。
  • 最大弦高 - すべての線分の最大弦高は「最大弦高」よりも小さくなります。
  • 等しいパラメータの長さ - B-スプライン曲線は「番号」値によってパラメータ空間内で均等に評価されます。
ファセット先 選択したB-スプライン曲線の変換後の要素タイプを設定します。
  • 連続線分 - B-スプライン曲線を連続線分に分解します。
  • 線分 - B-スプライン曲線を複数の接続された線分に分解します。
  • ストリーム曲線 - B-スプライン曲線をストリーム曲線に分解します。
  • 弧 - B-スプライン曲線を複数の接続された弧に分解します。
  • 点 - B-スプライン曲線を複数の点に分解します。
次の項目を設定します。
  • 点の数(「方法」を「等しいパラメトリックの長さ」に設定した場合)。
  • 弧の長さ(「方法」を「等しい円弧長」に設定した場合)。
オリジナルを保存 オンの場合、オリジナルのB-スプライン曲線は維持されます。
キー入力: DROP CURVE