MicroStation CONNECT Edition Help

図面境界を配置

モデルに図面境界を配置するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「詳細」
  • ツールボックス:詳細記号

図面境界をDGNLibファイルに配置すると、その境界は、名前付き境界をモデルに配置するときに使用できます。

図面境界は、境界線と注釈で構成されます。注釈には、フィールドまたはラベルと線分が含まれています。注釈は必ずシートの下の位置と合っています。図面境界にリンクした参照を回転しても、注釈は回転せず、シートの下部に合わせて整列された状態のままです。また、参照を回転すると、注釈は境界線を計算し、参照全体を覆います。

注釈の線分の長さを調整するには、エッジを選択して、ドラッグします。この線分の長さは、「詳細記号のスタイル」ダイアログボックスの「下線」設定値でも制御できます。

キー入力コマンドDRAWINGTITLE UPDATE ALLを使用して、図面境界の「詳細尺度」フィールドを更新できます。



設定説明
詳細記号のスタイル 図面境界で使用する詳細記号のスタイルを定義します。
詳細記号のスタイル設定値を表示(アイコン)


「詳細記号のスタイル」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、詳細記号のスタイルを作成または修正します。
名前 図面境界の名前を定義します。既定名はD 1で、図面境界が配置されるたびに番号が1つずつ増えます。この既定の名前は、必要に応じて編集できます。
注釈尺度(アイコン)


注釈尺度をオンにするために使用します。このロックがオンになっている場合は、注釈尺度が図面境界に適用されます。

既定では、注釈尺度は、モデルの「注釈尺度」設定値から取得されます。この尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスのモデルのプロパティでのみ変更できます。ただし、モデルの「注釈尺度を反映する」プロパティがオフになっている場合を除きます。この場合、注釈尺度は、プロパティによって要素ごとに個別に制御できます。

図面タイプ 作成する図面境界のタイプを設定します。オプションは、「全般」、「断面」、「高さ」、「詳細」、および「図面」です。
詳細尺度 図面境界を配置する尺度を設定します。
2点による


対話的に2つのデータ点を使用して、長方形の境界線を定義することで、図面境界を作成できます。
要素による


既存の閉じた要素から図面境界を作成することができます。
キー入力: PLACE DRAWINGTITLE < BY2POINTS | BYELEMENT >