MicroStation CONNECT Edition Help

「デジタル権」ダイアログボックス

保護されているファイルに対する受信者のアクセス権を追加、削除、変更するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「ファイル」 > 「ツール」 > 「保護」 > 「デジタル権」

ファイルを保護した後にこのダイアログボックスを初めて開くと、MicroStationにより、ファイルの保護に使用する証明書のライセンスファイルが作成されます。最初は、ファイルにアクセスできる受信者は1人だけです。その後、作成者は受信者を追加し、権限を割り当てることができます。

「受信者」ダイアログボックスを開くことができるのは作成者(および無制限の権限を持つユーザー)のみです。ライセンスを使用してファイルにアクセスできるユーザーは、自分のライセンス情報のみを表示することができます。



キー入力コマンドPROTECT LICENSE SHOWは、テキストウィンドウを開き、現在開かれているファイルに与えられているライセンスのタイプに関する情報を表示します。ファイルで証明書に基づくライセンスが使用されている場合、テキストウィンドウに表示されるタイプはCになります。ファイルでパスワード保護が使用されている場合、表示されるタイプはPになります。証明書に基づくライセンスの場合、テキストウィンドウの「受信者」フィールドには受信者情報が表示されます。

キー入力: PROTECT LICENSE SHOW
キー入力: MDL KEYIN PROTECT PROTECT RIGHTSICON
注記: 他人の証明書を使用してファイルを保護する場合、現在のセッション中に受信者を追加および削除する権限のみが与えられます。
設定説明
受信者証明書を追加


「受信者証明書を追加」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスでは、証明書ベースの"受信者"ライセンスを作成します。
PROTECT LICENSE ADD CERTIFICATE
パスワードを追加


「パスワードを追加」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスでは、パスワードライセンスを作成します。
PROTECT LICENSE ADD PASSWORD
全員にアクセス権を追加


「受信者」フィールドが入力済みで「全員」にロックされた、「ライセンスのプロパティ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスは、全員が証明情報なしで使用できるライセンスを作成するときに使用します。
PROTECT LICENSE ADD EVERYONE
注記: 無制限の権限を許可する場合は、全員に無制限の権限を許可するかを確認する警告が表示されます。
注記: キー入力コマンドを使用して全員用のライセンスを作成すると、保護された項目について確認する警告メッセージがステータスバーに表示されます。
選択した受信者を削除


現在選択されているライセンスをファイルから削除するために使用します。
PROTECT LICENSE DELETE CERTIFICATE
PROTECT LICENSE DELETE EVERYONE
PROTECT LICENSE DELETE PASSWORD
ライセンスのプロパティ


選択した受信者情報がすでに入力されている「ライセンスのプロパティ」ダイアログボックスが開きます。ここで、権限、有効期限、認証URLを修正することができます。
キー? 証明書の選択を求めるプロンプトが表示された場合、「キー?」列は証明書に秘密鍵があるかどうかを示します。
受信者 (オプション)注釈の目的で使用される受信者の非公式な名前。このフィールドは、MicroStationには意味がありません。
権限 この証明書に割り当てられる権限のタイプ。
  • * - 無制限の権限
  • v - 表示権限
  • e - 編集権限
  • x - エクスポート権限
  • p - 印刷権限
有効期限 パスワードが失効する日付。フォーマットはyyyy/mm/ddです。
作成日 パスワードの作成日付および時間。フォーマットはyyyy/mm/dd hh/mmです。
用途 (オプション)ライセンスの目的。これは情報であり、MicroStationには意味がありません。
URL ライセンスの取得に使用される認証URL(ある場合)。作成者は、ファイルへのアクセスを許可する前に有効性をチェックするための、認証URLをアタッチすることができます。