MicroStation CONNECT Edition Help

「詳細記号のスタイル」ダイアログボックス

詳細記号のスタイルを作成および修正するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「詳細」ダイアログボックス起動ツール
キー入力: DIALOG DETAILINGSYMBOLSTYLE < OPEN | CLOSE >


詳細記号の既定のスタイルは、 DrawingSeed.dgnlib に収録されています。

設定説明
新規


"新しい詳細記号"という詳細記号のスタイルを「スタイル」リストに新しく作成します。
保存


選択した詳細記号スタイルと、そのスタイルの全設定値をDGNファイルに保存します。既存のスタイルを変更した場合、新しい設定値を保存するまで変更内容が青色で表示されます。「保存」をクリックすると、そのスタイルに配置されているすべての詳細記号が更新されます。
コピー


選択した詳細記号スタイルのコピーを「スタイル」リストに作成します。
差異を表示 「差異を表示」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、2つの詳細記号スタイルのプロパティを比較します。アイコンは、選択されているスタイルの数が2つのときだけ有効になります。




ライブラリから更新


DGNファイルに含まれる詳細記号スタイルのうち、ライブラリの詳細記号スタイルから作成されたものが、DGNライブラリに加えられた変更を反映して更新されます(DGNライブラリの詳細記号スタイルが変更されても、変更前にDGNファイルに配置されていた詳細記号スタイルは自動更新されません)。
DGNLIB UPDATE DETAILINGSYMBOLSTYLES
削除


選択した詳細記号スタイルを削除します。吹き出しで使用されている詳細記号スタイルは削除できません。
アクティブ


選択したスタイルをアクティブにします。
線種 ローカルおよびライブラリのスタイルが表示されます。ライブラリファイルに新しいスタイルを作成する場合、新しいスタイルはアクティブなファイルにライブラリスタイルとして追加されます。

スタイルを選択して変更および更新します。複数のスタイルを選択するには、<Ctrl>キーと<Shift>キーを使用します。

強調/シンボル 意味
スタイル(なし) 「スタイル(なし)」を選択すると、詳細記号の配置時に現在のスタイル設定値が使用されます。
ツールチップ ポインタを詳細記号スタイルの名前の上に移動すると、その詳細記号スタイルがライブラリのものなのか、ローカルのものなのかが表示されます。ツールチップにはまた、そのスタイルに変更が加えられたかどうかや、詳細記号スタイルのライブラリファイルのパスの一覧も表示されます。
太字 太字のフォントで表示される詳細記号スタイルは、ローカルの詳細記号スタイルです。
青色の文字 最後に保存された後に変更が加えられた詳細記号スタイルは、青色の文字で表示されます。


塗り潰されていない本のアイコンは、ライブラリの詳細記号スタイルであることを意味します。


塗り潰された本のアイコンは、ローカルの詳細記号スタイルであることを意味します。


チェックマークが付いた本のアイコンは、ライブラリの詳細記号スタイルと一致するローカルの詳細記号スタイルであることを意味します。


三角形のシンボルが付いた本のアイコンは、ライブラリの詳細記号スタイルと異なるローカルの詳細記号スタイルであることを意味します。

スタイルを右クリックすると、次のオプションが表示されます。

メニュー項目 使用状況
アクティブ 選択したスタイルをアクティブにします。
追加 プロパティをスタイルに追加します。
新規 新規スタイルを作成します。
コピー 選択されているスタイルのコピーを作成します。
削除 リストからスタイルを削除します。
名前を変更 スタイルの新しい名前を付けることができます。
保存 スタイルを保存します。
「図面境界」プロパティ 「図面境界を配置」ツールによる配置に関して、図面境界の画層などのプロパティを設定します。図面境界の次の各コンポーネントに対し、セル、色、線種、および線幅を指定できます。
  • タイトル
  • メインの端末記号

図面線(下線)の次のプロパティを設定できます。

  • 下線のタイプ - 文字で、図面で、固定長、線なし
  • バブルの側面 - 左または右
  • 下線の長さ
  • 下線の余白
他にも次のプロパティを設定することができます。
  • 注釈の表示 - バブル、フィールド、および線分を含む注釈を表示または非表示にすることができます。
  • 境界線表示 - 境界線を表示または非表示にすることができます。


「タイトルテキスト」のプロパティ 「タイトル文字を配置」ツールで配置されるタイトル文字の画層、セル、色、線種、および線幅を設定します。
「詳細吹き出し」のプロパティ 「詳細吹き出しを配置」ツールによる配置に関して、詳細吹き出しの画層などのプロパティを設定します。詳細吹き出しの次の各コンポーネントに対し、セル、色、線種、および線幅を指定できます。
  • 詳細領域 - 「セル」プロパティは適用できません。
  • メインの端末記号
  • 引き出し線 - 「セル」プロパティは適用できません。


「断面吹き出し」のプロパティ 「断面吹き出しを配置」ツールによる配置に関して、断面吹き出しの画層などのプロパティを設定します。断面吹き出しの次の各コンポーネントに対し、セル、色、線種、および線幅を指定できます。
  • 終点端末記号
  • 終点
  • メインの端末記号
  • 開始点
  • 引き出し線 - 「セル」プロパティは適用できません。


「立面吹き出し」のプロパティ 「立面吹き出しを使用」ツールによる配置に関して、立面吹き出しの画層などのプロパティを設定します。立面吹き出しの次の各コンポーネントに対し、セル、色、線種、および線幅を指定できます。
  • 開始点
  • メインの端末記号


「展開図吹き出し」のプロパティ 「立面吹き出しを使用」ツールによる配置に関して、展開図吹き出しの画層などのプロパティを設定します。展開図吹き出しの次の各コンポーネントに対し、セル、色、線種、および線幅を指定できます。
  • 開始点
  • メインの端末記号


「図面吹き出し」のプロパティ 「図面吹き出しを配置」ツールによる配置に関して、図面吹き出しの画層などのプロパティを設定します。図面吹き出しの次の各コンポーネントに対し、セル、色、線種、および線幅を指定できます。
  • 終点端末記号
  • 終点
  • メインの端末記号
  • 開始点
  • 引き出し線 - 「セル」プロパティは適用できません。


「ファイル」 > 「インポート」 > 「XMLファイルから」 XMLファイルからデータをインポートして、テンプレート、詳細記号のスタイル、カスタムツールボックス、カスタムツール、タスク、およびカスタムメニューを作成します。データを複数のファイルからインポートできます。「ファイルからXMLデータをインポート」ダイアログボックスが開きます。
CUSTOMIZE IMPORT XML [ パス\XMLファイル名 ]
「ファイル」 > 「エクスポート」 > 「XML」 DGNライブラリからXMLファイルにテンプレート、詳細記号のスタイル、カスタムツールボックス、カスタムツール、タスク、およびカスタムメニューのデータをエクスポートします。「XMLデータをエクスポート」ダイアログボックスが開きます。
CUSTOMIZE EXPORT XML [ パス\XMLファイル名 ]
「ユーティリティ」 > 「HTMLレポートを生成」 開いているDGNファイル内のすべてのテンプレート、詳細記号のスタイル、カスタムツールボックス、カスタムツール、タスク、カスタムメニューのデータに関するHTMLレポートを生成します。「HTMLレポートを生成」ダイアログボックスが開きます。
CUSTOMIZE GENERATEHTMLREPORT
「ユーティリティ」 > 「要素テンプレート」 「要素テンプレート」ダイアログボックスが開きます。
「ユーティリティ」 > 「名前付き演算式」 「名前付き式」ダイアログボックスが開きます。