MicroStation CONNECT Edition Help

「デザインファイルの設定値」ダイアログボックスの「作業単位」カテゴリ

デザインモデルの"実測"単位を設定するときに使用するコントロールで構成されています。この製品ではメートル法とフィート法が認識され、いずれもオプションメニューから選択できます。さらに、独自の単位を標準単位(メートル法またはフィート法)に関連付けることによってカスタム単位を作成できます。モデルで使用する単位を変更しても、モデルの幾何のサイズは変わりません。「詳細設定」の「解像度」設定値を変更した場合に、モデル内の既存の幾何のサイズが変わります。実際には、「解像度」設定値の既定値からの変更が必要な場合はほとんどありません。

1つのDGNファイルに含まれている異なるモデルに、それぞれ異なる作業単位を割り当てることができます。

新しい作業単位を定義する場合は、リボンから「ファイル」 > 「設定値を保存」の順に選択するか、<Ctrl>キーを押しながら<F>キーを押して、新しい設定を保存する必要があります。



設定説明
直線の単位 モデルの直線の単位のフォーマット、単位、および端数表記を設定します。
フォーマット 直線の単位の表記フォーマットを設定します。
  • MU - 主単位のみ。
  • MU:SU - 主単位と下位単位
  • MU:SU:PU - 主単位、下位単位、および位置単位
注記: DWG作業モードの場合、「フォーマット」は「建築」、「十進法」、「エンジニアリング」、「分数」、および「指数表記」に設定できます。「主単位」、「下位単位」、および「端数表記」の設定値は、「フォーマット」の設定値によって制御されます。たとえば、「建築」フォーマットまたは「エンジニアリング」フォーマットを選択した場合、「主単位」ではなく「下位単位」の設定が使用されます。これらの各項目は、作業モード可能変数によって、有効または無効になります。
主単位 モデル内で共通して使用される最大単位をオプションメニューから選択できます。
(主単位)ラベル 主単位として選択された寸法単位の標準略語を設定できます。既定では、主単位を選択するとソフトウェアによってラベルが示されます。たとえば、「主単位」が「メートル」の場合、「ラベル」の既定値は「m」です。必要に応じて代わりのラベルを入力できます。
下位単位 モデルで使用される適切な最小単位をオプションメニューから選択できます。「下位単位」は選択した「主単位」より小さくする必要があります。たとえば、「主単位」が「メートル」の場合、「下位単位」は「センチメートル」や「ミリメートル」になります。
(下位単位)ラベル 下位単位として選択された寸法単位の標準略語を設定できます。既定では、下位単位を選択したときにラベルが示されます。たとえば、「下位単位」が「センチメートル」の場合、「ラベル」の既定値は「cm」です。必要に応じて代わりのラベルを入力できます。
精度 座標値の小数点表記は第6位まで、指数の小数点表記は第8位まで、角度の小数点表記は第8位まで、分数の表記は1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64のいずれかに設定できます。
カスタム 「カスタム単位を定義」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、主単位または下位単位のカスタマイズされた定義を作成できます。
ヒント: カスタム単位を定義する別な方法には、単位定義ファイルを使う方法があります。単位定義ファイルで定義された単位は、セッション中で利用できます。これらの単位は、標準単位と同じ方法で選択することができます。単位定義ファイルの単位が標準単位と競合する場合は、定義ファイルの単位が使用されます。アクティブな単位ファイルは、構成変数MS_CUSTOMUNITDEFを使用して定義されます。既定のファイルは、MicroStationプログラムディレクトリの..\Default\Data\にあるunit.defです。このファイルには、カスタム単位定義のシンタックスと例が含まれています。
詳細設定 デザイン環境の解像度の設定値を表示します。

「編集」をクリックすると、「単位を追加設定」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで解像度の設定値を変更できます。

注意: 「解像度」設定値を変更すると、モデル内の既存の幾何のサイズが変わります。