MicroStation CONNECT Edition Help

「データベースに接続」ダイアログボックス

MicroStation内部から外部データベースに接続するために使用します。



このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「アタッチ」 > 「データベース」 > 「データベースに接続」
  • ツールボックス:データベース
キー入力: DBCONMGR CONNECT
設定説明
データベースサーバーのタブ データベースが稼動しているデータベース製品を選択できます。
接続文字列 接続を確立するために必要な追加情報を設定します。シンタックスはデータベースサーバーごとに異なり、次のようになります。
  • Oracle -

    <ユーザー名>/<パスワード>@ホスト名

  • ODBC -

    <データソース名>

  • OLEDB -

    <データソース名>

注記: 「接続文字列」の値は、キー入力コマンド「ACTIVE DATABASEDB=)」で使用する文字列と同じです。たとえばOracleの場合、「DB=<ユーザー名>/<パスワード>@ホスト名」のようになります。
データソースを参照 「データリンクファイルの選択」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、UDLファイルを選択できます。
新しいデータソースを作成 「UDLファイル名」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、UDLファイルを作成できます。
BUDBCプロバイダ VBAを介してデータベースにアクセスすることも、新しいデータベース接続を追加することもできます。VBAを使用して、同時に複数の接続をサポートします。