MicroStation CONNECT Edition Help

曲線でソリッドを切り取り

プロファイルを使用してソリッドを切り取るために使用します。操作のためには少なくとも1つの2次元プロファイルとソリッドが必要です。ただし、1回の操作で複数のプロファイルを使用することができます。プロファイルは、「開いた」(線分や複合連結などの線要素)または「閉じた」(多角形など)にすることができます。開いたプロファイルは、ソリッドの境界線まで(またはそれを越えて)延長する必要があります。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「フィーチャ」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「修正」 > 「フィーチャ」
  • ツールボックス:ソリッドフィーチャ


設定説明
切り取り方法 切り取りによって削除される材質を定義します。
  • プロファイルの外側 - 切り取りプロファイルの外側の材質が削除されます。
  • プロファイルの内側 - 切り取りプロファイルの内側の材質が削除されます。
  • ソリッドを分割 - プロファイルのエッジを使用してソリッドが切り取られますが、材質は削除されません。
    注記: 開いたプロファイルを使用すると、ソリッドの選択された部分が削除されます。


    左上:オリジナルのソリッドとプロファイル。右上:方法に「ソリッドを分割」を使用して切り取った場合。|左下: 方法に「プロファイルの外側」を使用して切り取った場合。右下:方法に「プロファイルの内側」を使用して切り取った場合。

切り取り方向 プロファイルの面法線を基準に切り取りの方向を設定します。
  • 両方 - プロファイルの平面から両方向。
  • 前方 - プロファイルの面法線の方向。
  • 後方 - プロファイルの面法線の逆方向。
切り取りモード 切り取りの範囲を設定します。
  • すべて - ソリッドのすべての面を切り取ります。
  • 奥行きを定義 - 設定した距離だけソリッドを切り取ります。
切り取り奥行き (「切り取りモード」を「奥行きを定義」に設定した場合のみ)切り取りの投影距離を設定します。
変数リンク
「変数」ダイアログボックスで定義した既存の変数を使用して入力値を設定することができます。
注記: 変数が存在しない場合は、最初に変数を作成するよう警告されます。
プロファイル フィーチャの作成後にプロファイルの動作を設定します。
  • 非表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられますが、表示されません。プロファイルをもう一度使用または修正するには、「リセット」ポップアップメニューの「入力要素を表示」コマンドまたは「入力要素を表示」ツールを使用する必要があります。
  • 表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられ、表示されます。これにより、別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。プロファイルを変更すると、両方の操作が影響を受けます。
  • コピーして非表示 - 「非表示」と似ていますが、最初にプロファイルのコピーが作成され、元のプロファイルは関連付けられない点が異なります。これにより、前のフィーチャに関連付けない別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。
キー入力: CONSTRUCT CUT