MicroStation CONNECT Edition Help

弧で補間

特定の点の集合を通過する、複合連結した弧を配置または作成するために使用します。弧は滑らかに接合され、これらの弧の接線には連続性があります。弧が通過する点集合は、連続線分または多角形要素として指定でき、対話的に入力して指定することもできます。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「曲線を作成」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「曲線」 > 「曲線を作成」
  • ツールボックス:曲線を作成


設定説明
点列入力 複合連結の定義方法を設定します。
  • 点(アキュドロー) - データ点を入力して複合連結を配置します。
  • 連続線分を選択 - 選択された連続線分または多角形の頂点を基に、複合連結を作成します。
開/閉 スプラインの開/閉を「開く」または「閉じた」に設定します。
塗り潰しタイプ (「開/閉」を「閉じた」に設定した場合のみ)アクティブな塗り潰しタイプを設定します。
  • なし - オンの場合、複合図形は塗り潰されません。
  • 不透明 - 複合図形はアクティブな色で塗り潰されます。
  • 縁付き - オンの場合、複合図形は「塗り潰しの色」で塗り潰されます。
塗り潰しの色 (「開/閉」を「閉じた」に設定した場合のみ)要素の塗り潰しに使用する色を設定します。「塗り潰しの色」の定義には、アクティブな色、24ビット色、カラーブック、色のグラデーションなどを設定するタブにあるコントロールを使用します。
  • 「塗り潰しタイプ」が「べた塗り」の場合、その要素は「アクティブな色」により塗り潰されます。この色は要素の縁どりと同じ色です。
  • 「塗り潰しタイプ」が「縁どり」の場合、その要素は「アクティブな色」と異なった色で塗り潰すことができます。
キー入力: CONSTRUCT ARCS INTERPOLATION