MicroStation CONNECT Edition Help

保存ビューを作成

ビューに名前と注記を付けて保存するときに使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ビュー」 > 「保存ビュー」
  • リボン:「モデリング」 > 「ビュー」 > 「保存ビュー」
  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ビュー」 > 「保存ビュー」
  • ツールボックス:保存ビュー


設定説明
方法 保存ビューを作成する方法を選択できます。
  • ビューから - 保存ビューの領域はビューウィンドウから取得されます。
  • 2点から - ビューウィンドウで2つの点を選択することによって保存ビューの領域が決まります。
注記: 3次元で作業しているときに、保存ビューの奥行きZは、アクティブなビューの表示の奥行きによって定義されます。
ビュータイプ 保存ビュー、またはいずれかのダイナミックビュータイプを選択することができます。
名前 保存するビューの名前を入力するためのテキストフィールドです。
説明 保存するビューに関する注記を入力するためのオプションのテキストフィールドです。
図面を作成 オンの場合、保存ビューの作成後に「図面を作成」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスは、ダイナミックビューを自動化するときに使用します。
NAMEDVIEW DYNAMICVIEWOPTION < ON | OFF | TOGGLE >
切り取り領域 「(ビューから)」を選択するか、ドロップダウンリストから名前付き境界を選択して、切り取り領域を使用できるようにします。
注記: 名前付き境界は、「枠を配置」ツールまたは「切り取り領域」ツールで枠を保存すると作成されます。
関連 保存するビューに切り取り領域を関連付けることができます。
注記: 切り取り領域を変更すると、保存するビューも調整されます。
キー入力: NAMEDVIEW CREATE [ create_view_method ] [ view_name ]
注記: NAMEDVIEW CREATEキー入力コマンドでは、ビューの作成方法パラメータの値が0の場合は「ビューから」、1またはそれ以外の値の場合は「2点から」を意味します。
キー入力: NAMEDVIEW SAVE [ view_number ] [ view_name ] [ view_description ]
注記: MicroStation V8iエディションから、NAMEDVIEW SAVEキー入力コマンドでは「ビュータイプ」パラメータも使用できるようになりました。ビュータイプフィールドには、使用可能なすべてのビュータイプを指定することができます。
注記: NAMEDVIEW CREATENAMEDVIEW SAVEキー入力コマンドとの違いは、NAMEDVIEW CREATEでは「保存ビューを作成」ツール設定値ウィンドウが開くのに対して、NAMEDVIEW SAVEキー入力コマンドでは指定した引数により保存ビューが直接作成されることです。