MicroStation CONNECT Edition Help

突起

デザイン内の閉じたプロファイル要素(多角形、複合図形、円、または楕円)を突起プロファイルとして使用してパラメトリックソリッド上に突起を作成するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「フィーチャ」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「修正」 > 「フィーチャ」
  • ツールボックス:ソリッドフィーチャ
設定説明
方向
  • 前方 - 突起プロファイルの面法線を基準に、前方に突起が作成されます。
  • 両方 - 突起プロファイルの平面の面法線を基準に、両方向に突起が作成されます。
  • 後方 - 突起プロファイルの面法線を基準に、後方に突起が作成されます。
プロファイル フィーチャの作成後にプロファイルの動作を設定します。
  • 非表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられますが、表示されません。プロファイルをもう一度使用または修正するには、「リセット」ポップアップメニューの「入力要素を表示」コマンドまたは「入力要素を表示」ツールを使用する必要があります。
  • 表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられ、表示されます。これにより、別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。プロファイルを変更すると、両方の操作が影響を受けます。
  • コピーして非表示 - 「非表示」と似ていますが、最初にプロファイルのコピーが作成され、元のプロファイルは関連付けられない点が異なります。これにより、前のフィーチャに関連付けない別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。
対象
  • ボディまで - 選択したソリッドまたはサーフェスまで突起が延長されます。このオプションを使用すると、たとえば、梁を乗せる壁や柱まで梁を延長することができます。
  • 止める - 「距離」フィールドで指定した距離を基準にして突起が作成されます。
  • 選択された面 - ソリッドの選択した面まで突起が作成されます。
距離 突起の長さを定義することができます。
キー入力: XFEATURE PROTRUSION