MicroStation CONNECT Edition Help

「図面を作成」ダイアログ

図面構成ワークフローを自動化するときに使用します。

開くには、次の操作を行います。

  • 断面、図面、詳細、または立面吹き出しを配置します。「図面を作成」チェックボックスをオンにし、吹き出しが1つ以上の参照で交差するようにします。
  • 「図面を作成」チェックボックスをオンにして名前付き境界を配置します。
  • 「保存ビューを作成」ツールを使用し、「図面を作成」チェックボックスをオンにします。
  • ダイナミックビュー自動化を適用しない吹き出しのミニツールバーで、「図面を作成」または「図面またはシートにビューを配置」ツールを選択します。
  • ダイナミックビュー自動化を適用しない保存ビューを右クリックし、「図面を作成」を選択します。
  • 切り取り領域を右クリックし、「図面を作成」を選択します。


設定説明
名前 作成される保存ビューの名前を表示します。
図面シード 詳細記号のスタイルが吹き出しで使用される図面シードファイルを定義します。
ビュータイプ 保存ビューのタイプを表示します。表示される保存ビュータイプは、「図面シード」ドロップダウンリストで選択されるシードファイルの保存ビューの設定値によって異なります。
分野 図面の分野が表示されます。「プロパティ」ダイアログの保存ビュープロパティから修正できます。
用途 保存ビューの用途が表示されます。「プロパティ」ダイアログの保存ビュープロパティから修正できます。
図面モデルを作成 オンにすると、デザインモデルが作成され、一致する保存ビューがフルサイズでアタッチされます。
シードモデル 図面モデルの作成に使用するシードモデルを表示します。このシードモデルは、「図面シード」ドロップダウンリストで選択したテンプレートから取得されます。
ファイル名 オンの場合、図面モデルを作成するファイルを選択できます。既定では、図面モデルはアクティブなファイルに作成されます。「新規の図面ファイルを作成」アイコンをクリックすると、新規の図面モデルを含む新しいファイルを作成できます。「図面ファイルを参照」アイコンをクリックすると、別のファイルの図面モデルも作成できます。
注記: 既存のファイルを選択して図面モデルを作成する場合は、同じWorkSetに属しているファイルを選択してください。そうしないと、ダイアログボックス内の「OK」ボタンが淡色表示され使用できません。
注釈尺度 デザインモデルの文字および寸法記入の尺度を設定します。シートにアタッチすると、図面モデルの注釈尺度が詳細尺度として使用されます。
注記: このドロップダウンリストには、シードファイルの主単位と一致する尺度のみが表示されます。
外形線 外形線の表示オプションを設定します。次のオプションがあります。
  • 動的 - このモードでは、参照ファイルと外形線処理は、常にライブ状態で保持されます。つまり、ファイルを開く、参照の表示、参照の修正などの操作を実行するたびに更新されます。
  • キャッシュ - このモードでは、外形線処理用にローカルキャッシュが保存されます。参照ファイルはライブで保持されますが、隠線の外形線表示は再生成されません。既定のキャッシュ同期オプションは、「注意があれば自動実行」です。これは、MS_REF_VISEDGE_ATTACH_STATE構成変数を定義することで変更できます。

このオプションは、3次元モデルが2次元モデルに直接アタッチされている場合にのみ使用可能です。3次元モデルをシートモデルに直接アタッチする場合に、「シートモデルを作成」セクションの下にこのオプションが表示されます。

このドロップダウンリストの既定の選択を変更するには、MS_REF_VISEDGE_ATTACH_STATE構成変数を定義します。

シートモデルを作成 オンにすると、シートモデルが作成されます。「図面モデルを作成」チェックボックスをオンにすると、図面モデルが新しいシートモデルにアタッチされます。
シードモデル オンにすると、シートモデルを作成するためのシードモデルを選択できます。このシードモデルは、「図面シード」ドロップダウンリストで選択したテンプレートから取得されます。ただし、「図面を作成」チェックボックスをオンにして、図面境界を使用して名前付き境界を配置する場合を除きます。この場合、図面境界を含んでいるシードモデルがシートシードモデルになります。これは、選択した図面境界に図面が正確に合うようにするためです。
ファイル名 オンの場合、シートモデルを作成するファイルを選択できます。既定では、シートモデルはアクティブなファイルに作成されます。「新規のシートファイルを作成」アイコンをクリックすると、新規のシートモデルを含む新しいファイルを作成できます。「シートファイルを参照」アイコンをクリックすると、別のファイルのシートモデルも作成できます。
注記: 既存のファイルを選択してシートモデルを作成する場合は、同じWorkSetに属しているファイルを選択してください。そうしないと、ダイアログボックス内の「OK」ボタンが淡色表示され使用できません。
シート 図面を配置するシートモデルを設定します。「新規」を選択して新しいシートモデルを作成することもできます。
注釈尺度 シートモデルの文字および寸法記入の尺度を設定します。
注記: このドロップダウンリストには、シードファイルの主単位と一致する尺度のみが表示されます。
図面境界 図面を配置するシートモデルの図面境界を設定します。このオプションでは次のリストが表示されます。
  • 新規 - 新しい図面境界を作成します。
  • 「シート」ドロップダウンリストで選択したシートモデルに含まれている同じビュータイプの空の境界線(保存ビューがアタッチされていない図面境界)の一覧です。「シート」「新規」に設定した場合は、シートシードモデルで使用可能な、同じビュータイプの空の図面境界が一覧表示されます。この場合、新しいシートモデルが作成され、選択した図面境界に保存ビューが入ります。複数の保存ビューを配置する場合、各保存ビューに対して新しいシートモデルが作成され、新しい図面境界に保存ビューが配置されます。

    「シート」を既存のシートモデルに設定した場合は、そのシートモデル内の選択した図面境界に最初の保存ビューが配置されます。残りの保存ビューについては、各保存ビューに対してシートシードモデルから複製された新しいシートモデルが作成され、それぞれのシートモデルで、選択した図面境界に保存ビューが配置されます。

  • 最適化の対象 - 複数のビューを配置する場合で、かつ保存ビューを配置するシートモデルに同じ「ビュータイプ」の図面境界が複数含まれている場合、このオプションを使用することができます。このオプションの使用例を異なるシナリオで次に説明します。
    • "断面"ビュータイプの名前付き境界を4つ並べて配置するとします。また、「シート」ドロップダウンリストで選択したシートモデルには、"断面"タイプの空の図面境界が5つ含まれているとします。この場合、「最適化の対象」を選択すると、図面識別子のシーケンスで、名前付き境界が最初の4つの図面境界に配置されます。このオプションは、新しいシートモデルを作成する場合や、シートシードモデルに同じビュータイプの図面境界が複数含まれている場合でも使用することができます。
    • 配置する保存ビューが6つあるのに、選択したシートシードモデルに空の図面境界が2つしかなかったとします。「最適化の対象」を選択した場合、2つの保存ビューが選択したシートモデルに配置されます。残りの4つの保存ビューについては、シートシードモデルが複製されて新しいシートモデルが2つ作成され、それぞれのシートモデルに保存ビューが2つずつ配置されます。
詳細尺度 シートモデルの図面参照ファイルの詳細尺度を設定します。MicroStationでは、標準尺度に加えて、次の推奨尺度が算定されてこのドロップダウンリストに表示されます。
  • 名前付き境界による - (名前付き境界からダイナミックビューを作成する場合にのみ使用可能)名前付き境界に保存されている詳細尺度です。
  • ビューを図面境界に合わせる - 保存ビューのアタッチを選択した図面境界に収めることができる、最も近い標準尺度です。
  • ビューをシート境界に合わせる - 保存ビューのアタッチを選択したシート境界に収めることができる、最も近い標準尺度です。
  • デザインを図面境界に合わせる - 保存ビューの向きでデザイン構成モデルを選択した図面境界に収めることができる、最も近い標準尺度です。2次元詳細ビューをアタッチする場合、この尺度は適用されません。
  • デザインをシート境界に合わせる - 保存ビューの向きでデザイン構成モデルを選択したシート境界に収めることができる、最も近い標準尺度です。2次元詳細ビューをアタッチする場合、この尺度は適用されません。
注記: このドロップダウンリストには、シードファイルの主単位と一致する尺度のみが表示されます。
シートインデックスに追加 シートインデックスにシートモデルを追加します。
注記: 他のユーザーがすでにシートインデックスを編集モードで使用している場合、シートモデルをシートインデックスに追加することはできません。このような場合は、メッセージがメッセージセンターに表示されます。
シートインデックスからフォルダを選択


「シートインデックスフォルダの選択」が開き、シートモデルの追加先となるフォルダを選択することができます。
シートを一致させる (シートモデルに図面境界が含まれていない場合にのみ使用可能)オンの場合、シートモデルの参照がデザインモデルと一致します。そのため、必要に応じて、参照周囲のシート境界が移動したり、回転したりしてサイズ調整されます。オフの場合、参照が移動して回転し、シート境界の中心にアタッチされます。
シートファイルの図面を複製 (シートモデルが現在のDGNファイルとは別のファイル内に作成されるように設定され、そのファイルに図面モデルが含まれていない場合にのみ使用可能)オンにすると、シートモデルを含むファイル内に図面モデルの参照コピーが作成されます。シートモデルを含むファイルが新規の場合、新しい図面モデルは既定のモデルとして設定されます。
DWGにエクスポートするときに、このオプションは特に便利です。このオプションを使用すると、DWGファイル内でモデル空間とペーパー空間(作図レイアウト)の間に1:1の関係が構築されるように、シートモデルへの図面モデル参照が自動的に追加されます。DWGにエクスポートすると、新しい図面モデルはモデル空間で表現されます。またシートモデルはペーパー空間で表現され、シート内の図面モデルの直接参照となります。
モデルを開く このチェックボックスは、「図面を作成」または「シートを作成」チェックボックスのどちらか、または両方をオンにすると、アクティブになります。このチェックボックスをオンにすると、「図面を作成」および「シートを作成」チェックボックスの設定に応じて、次の処理が行われます。
  • 「図面を作成」チェックボックスだけがオンの場合、デザインモデルが開きます。
  • 「シートの作成」チェックボックスだけ、または「シートの作成」と「図面の作成」チェックボックスの両方がオンの場合、シートモデルが開きます。
NAMEDVIEW CREATEDYNAMICVIEW [ ビュー名 ]