MicroStation CONNECT Edition Help

「構成変数」ダイアログボックス

構成変数を編集、定義、保存、削除するために使用されます。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「ファイル」 > 「設定値」 > 「構成」 > 「構成変数」
キー入力: MDL LOAD CFGVARS
設定説明
カテゴリ 構成変数をグループ化した論理的なカテゴリの一覧を表示します。カテゴリを選択すると、そのカテゴリに対応するコントロール項目がリストボックスの右側に表示されます。
検索 「構成変数」リストボックスの内容を検索することができます。「検索」ダイアログボックスに構成変数の名前の一部または全体を入力すると、変数が上位に表示されます。
検索文字列を削除
検索フィールドに入力した文字を削除します。
「構成変数」リストボックス 選択したカテゴリに属するすべての構成変数の短縮論理名、説明、レベル、およびフラグを一覧表示します。

構成変数の定義を変更するには、まず構成変数を選択する必要があります。構成変数の定義をユーザーレベルで定義または修正すると、リストボックス内でその変数の行がハイライト表示されます。

「フラグ」列のアイコンは、次のことを示します。
  • - 構成変数は編集用にロックされています。
  • - 構成変数に加えた変更を適用するには、MicroStationセッションを再開します。

MicroStationが正しく機能するためには、システム構成に関する情報が必要です。この情報を得るために、アプリケーションの起動時に毎回、 構成ファイル が処理されます。

選択 構成変数のタイプに応じて、選択した構成変数にファイル、ディレクトリ、またはパスを割り当てるためのダイアログボックスが開きます。たとえば、選択した構成変数がディレクトリを指す場合、表示されるダイアログボックスを使用してディレクトリを選択します。通常、このコントロールは、「開く」ダイアログボックスのコントロールと似ています。
編集 「構成変数を編集」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、選択した構成変数の(テキスト文字列で表された)値を直接編集します。

この方法でパス名、ディレクトリ名、およびファイル名の構成変数定義を修正する操作は、定義のシンタックスおよび構成変数の内容についての知識を必要とするため、経験のあるユーザーだけにお勧めします。(これは、キーワードおよびブーリアン定義を変更する唯一の方法です)。

削除 選択した構成変数をユーザー構成ファイルから削除します。選択した変数がユーザーレベルで定義されている場合以外は、このボタンは淡色表示され使用できません。
定義内容 ディレクトリ、パス、およびファイルが実際に指定された構成変数について、その定義内容を表示します。
詳細な説明 選択した構成変数の簡単な説明を表示します。この説明には、選択した構成変数の名前(たとえばMS_DEF)が入ります。
ロードするアプリケーション (「MDLアプリケーション」カテゴリを選択時に表示)デザインファイルを開くたびにロードされるMDLアプリケーションを一覧表示します。
使用可能なアプリケーション (「MDLアプリケーション」カテゴリを選択時に表示)デザインファイルを開くたびにロードすることのできるMDLアプリケーションを一覧表示します。
削除 (「MDLアプリケーション」カテゴリを選択時に表示)「ロードするアプリケーション」リストボックスで選択されているMDLアプリケーションをリストから削除します。
追加 (「MDLアプリケーション」カテゴリを選択時に表示)「使用可能なアプリケーション」リストボックスで選択されているMDLアプリケーションを、「ロードするアプリケーション」一覧に追加します。
新規 新しい構成変数の名前の師弟と定義に使用される「新しい構成変数」ダイアログボックスが開きます。
OK ダイアログボックスを閉じます。変更内容がまだ保存されていない構成変数がある場合、タイトルバーにファイル名が表示されている構成ファイルに変更を保存するかどうかを問い合わせるメッセージが表示されます。「いいえ」を選択した場合、変更内容は現在のセッションの間だけ有効となります。
「ファイル」>「保存」 タイトルバーにファイル名が表示されている構成変数ファイルに変更を保存します。
「ファイル」>「名前を付けて保存」 「構成ファイルを保存」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、新しいユーザー構成ファイルに変更を保存します。

このダイアログボックスのコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックス「ファイル」 > 「名前を付けて保存」)のコントロールと同様です。

「ファイル」>「構成値を表示」 テキストファイルcfgvars.txtに含まれる、すべての構成変数の名前、タイプ、簡単な説明、値、および再起動の必要性の一覧が表示されます。このファイルは、 %LOCALAPPDATA%\Temp\Bentley\<product_name>\<version_number>\ フォルダに保存されています。
「ファイル」>「変数情報を印刷」 テキストファイルcgvlong.txt内のすべての構成変数の名前と説明を一覧表示します。このファイルは、 %LOCALAPPDATA%\Temp\Bentley\<product_name>\<version_number>\ フォルダに保存されています。
「ファイル」>「終了」 「OK」ボタンをクリックした場合と同じになります。