MicroStation CONNECT Edition Help

「Colladaエクスポート設定値」ダイアログボックス

Colladaファイルをエクスポートするために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「ファイル」 > 「エクスポート」 > 「交換ファイルタイプ」 > 「COLLADA (*.dae)」


設定説明
曲線近似許容差 曲面とメッシュ近似間の最大偏差を設定します。また、湾曲図形とストロークベクトル近似間の最大偏差も設定できます。
透過の上書き 値がゼロ以外の場合、すべての図形がこの透過でエクスポートされます。
レンダリングモード レンダリングモードに設定します。「ビューから」に設定することもできます。「ビューから」に設定すると、選択したビューの表示スタイルが使用されます。
  • ビューから
  • ワイヤフレーム
  • スムーズ
非表示画層を変換 オンの場合、現在のビューでオフの画像がエクスポートされます。オフの場合、表示される画層のみがエクスポートされます。
カスタム線種を変換 オンの場合は、カスタム線種が変換され、MicroStationにおける表示と同様に表示されます。

オフの場合は、カスタム線種が単純な線分として変換されます。

レンダリングしたビューのワイヤフレームを変換 オンの場合、レンダリングされた(非ワイヤフレーム)ビューの開いている線、弧、曲線、および注釈などのワイヤフレーム図形を変換します。オフの場合は、ワイヤフレーム図形が変換されません。
両面に書き込む オンの場合、内側と外側の両方の面がエクスポートされます。オフの場合、外側の面のみがエクスポートされます。
エクスポート 「Colladaファイルを作成」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスのコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックスのコントロールと似ています。
EXPORT COLLADA