MicroStation CONNECT Edition Help

エッジを面取り

(3次元のみ)ソリッド、投影された曲面、回転性サーフェスの1つまたは複数のエッジを面取りします。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「フィーチャ」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「修正」 > 「フィーチャ」
  • ツールボックス:ソリッドフィーチャ
設定説明
方法 面取りを定義する方法を設定します。
  • 面取りの距離 - 面取りの距離(L)を設定します。角度は常に45度になります。
  • 距離 - 面を切り落とす距離(D1、D2)を設定します。
  • 距離と角度 - 1つの面から切り落とす距離と面取りの角度(Θ)を設定します。


    L = 面取りの距離 | D1 = 1つの面からの距離 | D2 = 2番目の面からの距離 | Θ = 面と面取りの間の角度

  • 等距離 - 両方の面を切り落とす距離を設定します。
接線エッジを選択 オンの場合、接線で連続するエッジが一度の操作で選択されて面取りされます。オフの場合、選択されたエッジだけが面取りされます。
長さ (「面取りの距離」のみ)面取りの距離を設定します。
距離1、距離2 (「距離」のみ)面を切り落とす距離を設定します。ロックコントロールがオンの場合、同じ値に拘束されます。
面取りを反転 (「距離」、「距離と角度」)距離どうしが異なっている場合に、エッジの面取りの方向および面を切り落とす距離を反転させます。
距離 (「距離と角度」、「等距離」)面を切り落とす距離を設定します。
角度 (「距離と角度」のみ)面取りの角度を設定します。角度は0度より大きく90度より小さくする必要があります。
変数リンク
「変数」ダイアログボックスで定義した既存の変数を使用して入力値を設定することができます。
注記: 変数が存在しない場合は、最初に変数を作成するよう警告されます。
キー入力: CHAMFER EDGES