MicroStation CONNECT Edition Help

「セルライブラリ」ダイアログボックス

このダイアログボックスを使用して、セルライブラリをアタッチします。また、セルライブラリがアタッチされている場合に、各種のセルをアクティブにします。セルライブラリがアタッチされている場合、アタッチされているセルライブラリの名前およびパスがタイトルバーに表示されます。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「セル」ダイアログボックス起動ツール
  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「本図」 > 「続き」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「本図」 > 「続き」分割ボタン
  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ホーム」 > 「本図」 > 「続き」分割ボタン
  • リボン:「管理」 > 「ホーム」 > 「本図」 > 「続き」分割ボタン
  • リボン:「管理」 > 「ホーム」 > 「コレクション」
  • 「エクスプローラ」ダイアログボックス:「ファイル」タブの下の「パラメトリックセルの定義」の「リセット」ポップアップメニューから「管理」オプションをクリックします。
  • ツールボックス:本図ツール
  • 既定のファンクションキーメニュー:<Ctrl+F8>キー


キー入力: DIALOG CELLMAINTENANCE
設定説明
作成
「セル作成」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、アタッチされているセルライブラリにセルを追加します。

次の条件に当てはまる場合以外、このアイコンは淡色表示され使用できません。

  1. セルライブラリが書き込み可能な状態でアタッチ(「ファイル」 > 「アタッチ」)されている。
  2. セルに入れる要素が選択されているか、枠で囲まれている。
  3. セルの基準点が「セルの基準点を定義」ツールで定義されている。
CREATE CELL [ 名前 ] [ ,説明,タイプ ]
CC= [ 名前 ] [ ,説明,タイプ ]
セル定義をインポート
アクティブな(アタッチされた)ファイルに選択したセルの定義をコピーし、セル定義が存在しなければ、ローカルのセル定義(共有またはパラメトリック)を作成します。この設定を有効にするには、「ローカルの定義を表示」をオンにする必要があります。
ライブラリから更新
ソースDGNファイルのパラメトリックコンテンツに加えた変更を使用して、ローカルのパラメトリックセル定義を更新します。
削除
選択したセルが「所属」列に示されたセルライブラリにあり、そのセルライブラリが書き込み可能な場合は、選択したセルをセルライブラリから削除します。

選択したセルが「所属」列に示された共有セルであり、その共有セルが未使用の場合は、共有セル定義を開いたDGNファイルから削除します。「要素削除」ツールを使用してすべてのインスタンスを削除するまで、共有セル定義を削除することはできません。選択したセルがパラメトリックセル定義である場合は、それを参照するパラメトリックセルインスタンスがすべて削除されます。

削除操作は元に戻すことができないため、どちらの場合も、削除してよいかどうかを確認するメッセージが表示されます。セルを選択していない場合、このアイコンは淡色表示されます。

DELETE CELL [ 名前 ]
CD= [ 名前 ]
DELETE SCDEFS < ALL | ANONYMOUS | NAMED >
注記:DELETE CELLCD=)」キー入力コマンドは、未使用の共有セル定義の削除には使用できません。このキー入力コマンドはライブラリセル専用です。
開いたDGNファイルから未使用の共有セル定義をすべて削除する場合は、「DELETE SCDEFS ALL」とキー入力します。

DELETE SCDEFS ANONYMOUSを使用すると、未使用の無名共有セル定義がすべて削除されます。DELETE SCDEFS NAMED を使用すると、名前付きの無名共有セル定義がすべて削除されます。)

共有セルとパラメトリックセルの定義を表示
ローカルのセル定義(共有とパラメトリック)の表示を切り替えます。

開いているファイルから新しいMicroStationセルライブラリに共有セルをエクスポートすることができます。これには、EXPORT CELLS SHAREDキー入力コマンドを使用します。

SET SHARECELL [ OFF | ON | TOGGLE ]
EXPORT CELLS SHARED [destinationCellLibraryName]
MS_CELLLISTにあるすべてのセルを表示
この設定がオンで、「共有セルとパラメトリックセルの定義を表示」がオフの場合、まず、MS_CELLLIST構成変数で指定されたセルライブラリの標準のセルが表示され、次にMS_BLOCKLIST構成変数で指定されたディレクトリにリストされる標準のセルが表示されます。

この設定がオンで、「共有セルとパラメトリックセルの定義を表示」がオンの場合、開いているDGNファイルのローカルセル(共有およびパラメトリック)、アタッチされたセルライブラリのローカルセル、MS_CELLLISTにリストされたセルライブラリのセル、MS_BLOCKLISTにリストされたディレクトリのセルの順で表示されます。

アクティブなセルを設定
選択したセルをアクティブなセルに設定します。
アクティブな点セルを設定
選択したセルをアクティブな点に設定します。パラメトリックセルをアクティブな点として配置することはサポートされていません。アクティブな点は、セルである必要はありません。長さゼロの線分、文字、記号でも構いません。
ACTIVE POINT [ 名前 ]
PT= [ 名前 ]
アクティブな端末記号を設定
選択したセルを線分端末記号に設定します。パラメトリックセルを端末記号として配置することはサポートされていません。
ACTIVE TERMINATOR [ 名前 ]
LT= [ 名前 ]
アクティブなパターンセルを設定
選択したセルをアクティブなパターンセルに設定します。パラメトリックセルをアクティブなパターンとして配置することはサポートされていません。
ACTIVE PATTERN CELL [ 名前 ]
AP= [ 名前 ]
セルのプレビューを表示
右側にプレビューパネルが開き、選択したセルが表示されます。
リストボックスの見出し セルの一覧を並べ替える際の順序を設定します。列はすべてアルファベット順に並べ替えられます。列の見出しをクリックすると、一覧はクリックした列を基準にして昇順または降順に並べ替えられます。
  • 場所(ホームアイコン) - セルの場所。
  • 名前 - セル名。
  • 注記 - セル注記。
  • タイプ - セルのタイプ図形、パラメトリック、点。
  • 注釈 - セルが注釈セルの場合は、注釈アイコンが表示されます。
  • アクティブ - アクティブなセル、アクティブな点セル、アクティブ端末記号、またはアクティブなパターンセルのセルタイプのアイコンを表示します。
リストボックス 配置可能なセルの場所、名前、注記、タイプ、注釈、およびアクティブなセルのタイプを一覧表示します。これらは、選択したリストボックスの見出しで指定した順序に従って表示されます。

デザイン内の共有セルとセルライブラリ内のセルが共通の名前を持つ場合、共有セルの名前が表示されます。

セルを操作するには、セル一覧のアイテムを選択します。セルを選択すると、名前、タイプ、サイズとともにリストボックスの右側にセルが表示されます。3次元セルの場合、アイソメビュー、上面ビュー、正面ビュー、および右側面ビューが表示されます。

セルが大きい場合、表示に少し時間がかかる場合があります。「セルライブラリ」ダイアログボックス内のその他のコントロールはすべて、選択したセルに対して作用します。

セルを右クリックすると、そのセルに対して実行できる操作の一覧が表示されます。

  • セルを配置 - セルをアクティブなセルにして、「セルを配置」ツールをアクティブにします。
  • 端末記号を配置 - セルをアクティブな端末記号にして、「線分端末記号を配置」ツールをアクティブにします。
  • 点セルを配置 - セルをアクティブな点にして、「点を配置」ツールをアクティブにします。
  • 線をパターン - セルをアクティブなパターンセルにして、「線パターン」ツールをアクティブにします。
  • 領域をパターン - セルをアクティブなパターンセルにして、「領域をパターン」ツールをアクティブにします。
  • 編集のために開く - セルをアクティブなモデルとして開きます。
  • 新規 - 「作成」アイコンをクリックした場合と同じ操作を行うことができます。
  • モデルを抽出 - 「セルのモデルを抽出」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスを使用して、選択したセル定義をDGNファイルに抽出することができます。
  • セル定義を更新 - 選択したセルが図形セルの場合、「セルを置換」ツールを開き、選択したセルを更新/置換することができます。選択したセルがパラメトリックセルの場合、「パラメトリックセルを更新」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスを使用して、ローカルの古い変差と変数の値を、ソースファイルの変更済みの変差と変数の値に再マップすることができます。
  • 削除 - 「削除」アイコンをクリックした場合と同じ操作を行うことができます。
「ファイル」 > 「新規」 「セルライブラリを作成」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、セルライブラリを作成して開いているDGNファイルにアタッチします。
CREATE LIBRARY
「ファイル」 > 「ファイルをアタッチ」 「セルライブラリをアタッチ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、既存のセルライブラリを開いているDGNファイルにアタッチします。
ATTACH LIBRARY [ セルライブラリ ]
RC= [ セルライブラリ ]
ヒント: ATTACH LIBRARYRC=)キー入力コマンドを使用すると、 「セルライブラリをアタッチ」ダイアログボックスを使用するよりも速く操作できることがあります。
「ファイル」 > 「フォルダをアタッチ」 「セルライブラリをアタッチ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、開いているDGNファイルにセルライブラリを含むフォルダをアタッチします。
「ファイル」 > 「デタッチ」 セルライブラリのアタッチを解除します。
DETACH LIBRARY
注記: すでにアタッチしているセルライブラリがある場合、別のセルライブラリをアタッチすると、現在アタッチされているセルライブラリは自動的にデタッチ(アタッチ解除)されます。
「ファイル」 > 「圧縮」 開いているセルライブラリを圧縮します。圧縮により、セルのDGNファイルが占めるディスク領域が最小化されるように再編成されます。
COMPRESS LIBRARY