MicroStation CONNECT Edition Help

「ボタン抽出」ダイアログボックス

マウスまたはデジタイジングタブレットカーソルの物理ボタンの使い方を指示するために使用します。各物理ボタン(または、ボタンの組み合わせ)を、操作を実行する論理ボタンにマッピングできます。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「ボタン割り当て」ダイアログボックス:「ボタンを再マップ」をクリックします


キー入力: SET BUTTON
設定説明
リストボックス 論理ボタンと、論理ボタンを呼び出す物理ボタンまたはボタンの組み合わせを一覧表示します。たとえば、既定の設定では、「リセット」論理ボタンは、マウスの右ボタンをクリックすると呼び出されます(つまり、リセット操作が実行されます)。論理ボタンのマッピングを変更するには、まずそのボタンをリストボックスで選択する必要があります。
ボタン定義領域 上のリストボックスで論理ボタンを選択したら、ポインタを「ボタン定義領域」に移動し、この論理ボタンの呼び出しに使用する物理ボタンまたはボタンの組み合わせを押します。

複数の論理ボタンを同じ物理ボタン(または、ボタンの組み合わせ)にマッピングすることはできません。つまり、異なる複数の操作を同じ物理ボタンに割り当てることはできません。

ボタンの再マップの詳細については、「図形入力」を参照してください。

既定 ボタンマッピングをシステムの既定の設定に戻します。