MicroStation CONNECT Edition Help

フィーチャを配列

パラメトリックフィーチャの配列を作成するために使用します。配列は長方形または円形(円弧)にすることができます。選択したパスに沿って配置することも可能です。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「フィーチャを修正」 > 「フィーチャを操作」分割ボタン
  • ツールボックス:フィーチャを修正
設定説明
配列タイプ 配列のタイプを設定します。
  • 長方形 - 長方形の配列を作成します。
  • 円形 - 円形(円弧)の配列を作成します。
  • 経路に沿って - パスに沿ってフィーチャの配列を作成します。
配列 配列を生成する基準の座標系を設定します。
  • フィーチャ - フィーチャの座標軸
  • デザインX - アクティブなDGNファイルのX軸
  • デザインY - アクティブなDGNファイルのY軸
  • デザインZ - アクティブなDGNファイルのZ軸
  • ビューX - アクティブなビューのX軸
  • ビューY - アクティブなビューのY軸
  • ビューZ - アクティブなビューのZ軸
  • アキュドロー/補助座標X - アクティブな補助座標系のX軸。ACSが存在しない場合は無効になります。
  • アキュドロー/補助座標Y - アクティブな補助座標系のY軸。ACSが存在しない場合は無効になります。
  • アキュドロー/補助座標Z - アクティブな補助座標系のZ軸。ACSが存在しない場合は無効になります。
パス沿いモード 「配列タイプ」「経路に沿って」に設定されている場合にのみ使用可能)フィーチャをパスに沿って配置するときのモードを設定します。次のオプションがあります。
  • 数 - 「コピー数」設定値で配列内のフィーチャ数を定義します。
  • 距離 - 「距離」設定値で配列内のフィーチャ間の距離を定義します。
  • 両方 - 「コピー数」設定値と「距離」設定値で、配列内のフィーチャ数とフィーチャ間の距離を定義します。
コピー数 「パス沿いモード」「番号」または「両方」に設定されている場合にのみ使用可能)オリジナルを含む、配列内のフィーチャのコピー数を設定します。
距離 「パス沿いモード」「距離」または「両方」に設定されている場合にのみ使用可能)配列内のフィーチャの間の距離を設定します。
角度(長方形配列) オンにした場合、選択した座標系のX軸に対して相対的な配列の角度(正または負)を設定します。
行(長方形配列) 行数を設定します。
列(長方形配列) 列数を設定します。
行間隔(長方形配列) 行間の距離(正または負)を設定します。
列間隔(長方形配列) 列間の距離(正または負)を設定します。
アイテム(円形配列) 配列を形成するアイテムの個数を設定します。
増分角度(円形配列) 配列を形成するアイテム間の角度を設定します。
合計角度(円形配列) 円形配列のセットあたりの合計角度を設定します。
回転 「配列タイプ」「経路に沿って」に設定されている場合にのみ使用可能)オンの場合、要素はパス要素との相対配向を維持するように回転されます。
要素全体 ソリッドに適用されたブール演算や変更を含む、フィーチャ全体の配列を作成します。たとえば、「ソリッドの和を作成」ツールで3つのソリッドの和を作成してから、このチェックボックスがオンの状態で配列を作成すると、結合したフィーチャの配列が作成されます。一方、このチェックボックスがオフの場合、選択したソリッドだけを使用した配列が作成されます。
キー入力: XFEATURE ARRAY