MicroStation CONNECT Edition Help

弧を配置

円弧を配置するために使用されます。時計回り、または反時計回りに円弧を配置できます。弧が接線や垂直などのスナップによって拘束され、配置結果が複数ありうる場合、MicroStationでは、各結果を表すアイコンが表示されます。このような場合、ポインタを使用して必要な解を選択できます。

また、キーボードを使用して次のように操作することもできます。

  • <Alt>キーを押して次の解に切り替えるか、「CONSGEOM NEXTSOLUTION」とキー入力します。
  • <Ctrl>キーを押してポインタに最も近い解を選択するか、「CONSGEOM NEAREST SOLUTION」とキー入力します。
このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「円弧ツール」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「円弧ツール」分割ボタン
  • ツールボックス:


設定説明
方法 弧を作成するときの方法を設定するオプションメニューです。次のオプションがあります。
  • 開始、中心 - 始点と中心点を配置し、掃引角度と方向を指定することで弧を作成します。
  • 中心、始点 - 中心点と始点を配置し、掃引角度と方向を指定することで弧を作成します。
  • 始点、中間点、終点 - 始点、弧上の2番目の点、終点の順に3つの点を配置することで弧を作成します。
  • 始点、終点、中間点 - 始点、終点、弧上の3番目の点の順に3つの点を配置することで弧を作成します。
半径 オンの場合、半径を設定します。
CONSGEOM CONSTRAIN RADIUS < LOCK | SET <value> | UNLOCK >
長さ オンの場合、弧の長さを設定します。
CONSGEOM CONSTRAIN ARCLENGTH < LOCK | SET <value> | UNLOCK >
始点角度 オンの場合、ビューのX軸と、中心と弧の始点を結ぶ仮想線分との掃引角を設定します。
CONSGEOM CONSTRAIN STARTANGLE < LOCK | SET <value> | UNLOCK >
掃引角度 オンの場合、弧の掃引角度を設定します。
CONSGEOM CONSTRAIN SWEEPANGLE < LOCK | SET <value> | UNLOCK >
方向 オフの場合、ポインタを使用して弧の方向を対話的に定義することができます。

オンの場合、弧の方向は、オプションメニューによって制御されます。

  • CW - 弧は、時計回りの方向に拘束されます。
  • CCW - 弧は、反時計回りの方向に拘束されます。
CONSGEOM CONSTRAIN CCW < LOCK | SET <value> | UNLOCK >
オンの場合、次のデータ点の候補が複数ありうる場合に、ドロップダウンメニューから解を選択することができます。
その他のキー入力コマンドの設定値 他にもツールの機能を制御するためのキー入力コマンドがいくつかあります。

CONSGEOM SET SHOWALTSOLUTIONS <OFF | ON> - 「ON」(既定)に設定し、拘束スナップを使用する場合、スナップを満たすすべての要素のサイズと向きが表示されます。ポインタの位置に最も近い要素が標準の線属性で表示され、その他は薄い色の破線で表示されます。

CONSGEOM SET CONTINUEARCS [OFF | ON] - 「ON」に設定した場合、3点での弧の配置が終わるとツールが再起動し、配置された最後の点が次の弧の始点として自動的に使用されます。アキュドローの向きが、前の弧に接するように設定されます。この設定の既定値は「OFF」です。

CONSGEOM SET DYNAMICREVERSE [OFF | ON] - (「方向」が無効になっている場合のみ)「ON」(既定)に設定した場合、中心から始点の方向にポインタが線分を越えるたびに掃引方向が自動的に反転します。

CONSGEOM SET SHOWFEASIBLEREGION [OFF | ON] - 「ON」(既定)に設定されている場合、ポインタを移動できる場所に赤い破線または円が表示されます。この領域の外部に移動すると、その場所で弧を完成できないことを示す太線の赤いXが表示されます。

CONSGEOM CONSTRAIN ARCCHORDHEIGHT [LOCK | SET <値>|UNLOCK] - 始点と終点による弦から弧の頂点までの距離を指定します。弧の始点と終点がわかっている場合には、この方法で弧を定義することもできます。この方法は、半径がわかっているときに掃引を定義する場合(またはその逆)にも使用できます。

CONSGEOM CONSTRAIN ARCSECTORAREA [LOCK | SET <値>|UNLOCK] - 弧によって定義される円の領域を指定します。つまり、sweep/360*pi*r2です。この方法は、半径がわかっているときに掃引を定義する場合(またはその逆)に使用できます。値は、主単位の平方でのみ指定する必要があります。

キー入力: PLACE ARC ICON
キー入力: PLACE ARC < CENTER | EDGE > CONSTRAINED