MicroStation CONNECT Edition Help

アニメータプレビュー

既存のアニメーションをプレビューするとき、およびキーフレームを追加するときに使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「アニメーション」 > 「コントロール」
  • ツールボックス:アニメーション設定値

「アニメーション設定値」で「ビューで時間を表示」チェックボックスをオンにすると、アニメーションのプレビュー時に「アニメータプレビュー」ウィンドウに日時を表示することができます。



設定説明
スクロールバー 簡単にアニメーションシーケンスを前方または後方にスクロールできます。また、キーフレームを作成した時間やフレーム番号を設定するときにも使用できます。
選択した要素のキーフレームを作成


必要な要素を選択した後でこのアイコンをクリックすると、選択した時間またはフレーム番号にキーフレームが作成され、「アニメーションプロデューサ」ダイアログボックスに追加されます。

既定で、このキーフレームにはシステム名が指定されます。必要に応じて、「アニメーション設定値」ダイアログボックスの「キーフレーム名の入力を要求」設定をオンにします。この設定を有効にすると、「キーフレームを作成」ダイアログボックスでキーフレーム名を入力するように求められます。

時刻/フレーム(フィールド) シーケンスを再生またはスクロールするときに時刻/フレームを表示するように更新します。または、特定の時間またはフレーム番号にシーケンスを設定する値をキー入力できます。
ビュー 開いているビューからプレビューのビューを選択できるオプションメニュー。
始点


シーケンスを開始時間または開始フレームに戻します。
再生


プレビューのビューでアニメーションシーケンスの再生を開始します。
アニメーションを停止


現在の時間またはフレーム番号でアニメーションを停止します。シーケンスを再開するには、「停止」アイコンをもう一度クリックするか、「再生」アイコンをクリックします。
終点


シーケンスを終了時間または終了フレームに戻します。
全般設定


「アニメーション設定値」ダイアログボックスが開きます。
キー入力: DIALOG ANIMATOR SCRUB
注記: V8 XM Edition以前のMicroStationのバージョンで作成されたV8 DGNにアニメーションアクターが定義されている場合、そのV8 DGNをMicroStationV8 XM EditionまたはV8iでプレビューしても、アニメーションアクターにはMicroStationの以前のバージョンとの下位互換性はありません。この場合、警告ボックスが表示され、アニメーションをアップグレードしない場合は「キャンセル」を選択できます。