MicroStation CONNECT Edition Help

アクターをスクリプトする

アニメーションシーケンス中にパラメトリックにアクターの位置を指定するスクリプトを作成するときに使用します。アクターを作成したときに定義されたアクターのみが使用できます。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「アニメーション」 > 「スクリプト」
  • ツールボックス:アニメーションアクター

アクターの動作式を定義するときに役立つ組み込みの変数と関数が多数あります。

アクターの位置、回転、尺度を時間またはフレーム番号の関数としてスクリプトを作成できます。たとえば、「X軸回転」フィールドに「5*frame」という式を入力すると、アニメーションシーケンスのフレームごとに、アクターはX軸を中心にして5°回転されます。

アクティブなファイルまたは参照(DGNとDWGの両方)にあるアクターをスクリプトできます。参照してスクリプトするDWGファイルでアクターを作成する場合、次の設定が「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスで有効になっている必要があります。

  • MicroStationの設定値を維持(「全般」>「基本」)
  • アプリケーションデータを保存(「全般」>「詳細設定」>「アプリケーションデータ」)

このツールを操作するには、アクターをグラフィカルに選択して承認するか、ツール設定値でドロップダウンの「アクター一覧」メニューのアクター名を選択します。



設定説明
アクター一覧 モデルと、モデルにアタッチされた参照にある既存のアクター名が表示されるドロップダウンメニュー。アクターの作成方法と操作方法については、「アクターを使用した作業」を参照してください。

アクターを選択すると「アクターをスクリプトする」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、使用できる操作についてスクリプトエントリの詳細を入力できます。

キー入力: ANIMATOR SCRIPT ACTOR