MicroStation CONNECT Edition Help

要素属性をアニメーション化

アニメーションシーケンス時に、表示、色、透過という要素属性をアニメーション化するときに使用します。シーケンス中のさまざまな時間やフレーム番号に設定のスクリプトを作成することで、アニメーション化します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「アニメーション」 > 「スクリプト」
  • ツールボックス:アニメーション設定値


設定説明
開始時間 新しい設定を開始する開始時間またはフレーム番号を定義します。
開始日/時間を設定(アイコン) (時間の表示が日付または時間フォーマットに設定されている場合のみ)開始日時を設定するダイアログボックスが開きます。
補間 (色と透過の設定の場合のみ)設定の変化を補間するときに使用する方法を設定します。
  • 線図形 - ある設定から別の設定への推移は線形的に計算されます。
  • スプライン - ある設定から別の設定への推移は、B-スプライン曲線に基づいて計算されます。
速度 (色と透過の設定の場合のみ)ある値の設定から次の設定に推移する速度を設定します。
  • 定数 - 推移速度は一定です。
  • 加速 - 静止状態で推移が始まり、一定の加速で移動します。
  • 減速 - 一定の減速で推移し、静止状態で完了します。
  • 加速-減速 - 静止状態で推移が始まり、中間位置まで加速して、その後は減速し、静止状態で完了します。
  • 無限 - 最後のビュー位置からこのカメラビューまで瞬間的に推移します。
  • カスタム - 「アニメーションプロデューサ」ダイアログボックスの速度グラフを使用して速度曲線を編集するときに使用します。
設定 アニメーション化する選択した要素の属性を設定します。「要素属性をアニメーション化」ツールを選択する前でも後でも、要素は選択できます。
  • 表示 - オプションメニューで、要素がオン(表示)かオフ(非表示)かを設定します。
  • 色 - 色ボタンと「色を修正」ダイアログボックスを使用して要素の色を設定します。
  • 透過 - 「透過」テキストデータフィールドで要素の透過を設定します。有効な値の範囲は0~100です。
キー入力: ANIMATOR ANIMATE ELEMENTATTR