MicroStation CONNECT Edition Help

「色を調整」ダイアログボックス

アタッチされた参照の要素の色を修正または調整するために使用します。色テーブルの各色は、HSV(色相、彩度、明度)色モデルを使用して定義します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「参照」ダイアログボックス:「プロパティ」 > 「色を調整」


設定説明
調整ファクタ オンの場合、色テーブルの各色の明度と彩度に調整ファクタを掛けます。
一定 オンの場合、色テーブルの各色に明度と彩度を適用します。

参照のすべての要素に同じ色を使用するには、「一定」と「すべての色で色相を固定」の両方をオンにします。色を調整するには、「色相」スライダを使用します。

色テーブルの各色に適用される輝度を設定します。

色の輝度を下げるには、「明度」スライダを左に移動します。

彩度 色テーブルの各色に適用されるコントラストを設定します。

色のコントラストを下げるには、「彩度」スライダを左に移動します。

固定色相 オンの場合、色テーブルの各色に同じ色相を適用します。

参照のすべての要素に同じ色を使用するには、「一定」と「固定色相」の両方をオンにします。色を調整するには、「色相」スライダを使用します。

色相 色テーブルの各色の色相を設定します。
透過 参照に適用される透過度を設定します。

スライダを使用して透過度を調整します。この値は、0~100%の範囲で変動します。0%は透過性がまったく設定されない状態を表し、100%は完全に透明であることを表します。

調整された色を印刷 オンの場合、表示と印刷出力で調整された参照の色を使用します。オフの場合、調整された参照の色は表示にのみ使用されます。
OK 色調整を適用し、選択された参照を描き直してダイアログボックスを閉じます。
キャンセル 色調整を適用せずにダイアログボックスを閉じます。
適用 色調整を適用し、選択された参照を描き直します。